花田工房の紬と帯

今回の「花田工房の紬」展では、

本場結城紬の他にも素敵な紬をご紹介しています。

DMにも写っている正藍のみじん格子は「貫紬」

江戸時代の奢侈禁止令公布の際に経糸に木綿糸、

緯糸には「手つむぎ糸」を用いて、

「これは絹ではありませんよ」と取り締まりを免れる為に生み出されたそう。

 

花田工房では緯糸に「手つむぎ糸」と「座繰糸」の絹糸を用いており

他には無いオリジナルの「貫紬」で、

経糸、緯糸共に「てつむぎ糸」の平織り本場結城紬よりも、

さらりとした風合いで、単衣に仕立てると、よりその良さが活きるそう。

 

また、真綿糸を羅織りにした八寸帯は、

一年中締められるそうで、とても軽くてしなやか。

八寸なので、縢るだけでも良いのですが、

この透け感を活かしてお好みのカラー芯を入れても素敵です。

 

こちらは白耳、平織りの本場結城紬です。

優しく上品なグレー地にドットの様に見えるアレンジを施した

蚊絣がモダンです。

 

帯は九寸。

モノトーンの横段がお洒落。

 

街着としてもお洒落な組み合わせ。

小物で色を挿して楽しんでください。

 

地機織の実演、前半は明日2/11(月)まで。

後半は来週金曜日〜日曜日までです。

Share Button
カテゴリー: ショップ パーマリンク