市松柄

規則正しく二色の四角が並ぶ市松柄

根源的な柄なので世界各国、太古の昔から様々に用いられ

日本でも「石畳」と呼ばれていましたが、

江戸時代の人気歌舞伎役者「佐野川市松」が

舞台衣装に用いて人気を博し「市松柄」として定着しました。

 

組み合わせる色や素材で

礼装から普段着の紬や木綿、帯、小物と、

フォーマルからカジュアルまでなんでもござれ。

こちらの写真は泥染めの大島紬。

細かい絣で市松が織り出されています。

 

格好良くも、どこか可愛らしさの感じられる一枚です。

 

Share Button
カテゴリー: ショップ パーマリンク