絣の魅力

ご好評いただいております「紬それぞれ」

これまで、無地感の細かい絣の着尺をご紹介してまいりましたが、

今回は素朴感が有りながらも、お洒落着として今の町並みにも映える

藍色の小千谷紬に寒色系の花織名古屋帯を合わせてみました。

1image3

1image1

四枚の花弁の様な、蝶々の様な、トンボの様な・・・

シュッと入った紫の絣がそこはかとないアクセントに。

1image2

どこか、北欧チックな柄にも見えるこちらの帯は、

可愛らしくも、シックにモダンにも

合わせる着物や帯で表情をガラリと変えてくれそうです。

 

12月2日までの開催ですので、どうぞご覧になりにいらしてください!

Share Button
カテゴリー: ショップ パーマリンク