召しませ紬

みなさまのお手元に届いている事と思います10月のDM。

今週5日(金)からの「二人展・召しませ紬」は

らくや の初企画としまして染織家・石田真里恵さんと長谷川夕美子さんの

反物をご紹介いたします。

DSCF9799

お二人は染織家山崎桃麿氏が主催する「草木染月明塾」で染織を学ばれました。

山崎氏の教えは

「自分や家族のために織ることを心がける(心をこめて大切に織るから)」

「染色する際は安全なものしか使わない」というシンプルなもの。

草木染めは一般的には金属を媒染剤として使用しますが、

山崎氏は料理にも使われたり、口に入れても大丈夫な

ミョウバン・木灰・おはぐろ鉄、木酢酸鉄のみを使用し、

舌でなめて濃度を判別しています。

全ての材料が口に入れても大丈夫だということで、

とある呉服屋さんが〈食べられる染織〉と称されたとか。

 

もちろん実際に反物をモグモグとは食べませんが(笑)

『召し上がれ』と『お召しください』をかけて、

『召しませ紬』をサブタイトルにつけました。

そんな背景も有ってか、色や柄に温かみや優しさを感じる反物たち。

DSCF9798 DSCF9797 DSCF9796 DSCF9794 DSCF9793

会期は10/5(金)〜14(日)。

染織家の長谷川夕美子さんが6(土)〜8(月・祝)の三日間、

在店の予定となっております。

 

是非とも、実際に手に取ってご覧ください。

Share Button
カテゴリー: ショップ パーマリンク