おしゃれなアンティークきものレンタル

現代ではなかなか目にする機会のない
昭和初期のアンティークきものは、
繊細な刺繍や大胆な色柄が魅力的。

ただいま、らくやの店頭ディスプレイには、
そんなアンティークやオリジナルデザインが特徴の
らくやレンタルの商品がズラリと並んでおります。
IMG_8950

オフホワイトのやさしい色味が上品な白無垢。

IMG_8945

IMG_8934ほのかな光沢とやわらかい落ち感で、
日本髪・和髪はもちろん、
ヘッドドレスをあしらった洋風のヘアアレンジでもおすすめです。IMG_8942

 

 

こちらは
浅葱色の地に鶴が優雅に舞う振袖。

IMG_8948アンティークの帯も鶴の柄で。
全体的に淡い色味でまとめたコーディネートは、
ガーデンウェディングやゲストハウス、レストランウェディングなどにもぴったり。
白のしごきが流れる様が、優雅さをより際立たせてくれますね。IMG_8936

 

おとなりには七五三のお子様向け、お母さま向け訪問着のコーナー。

 

IMG_8943

こちらは七歳のお祝い着です。
お子様向けのお衣裳としてはとってもめずらしい紫の無地に
アンティークの丸帯を合わせたコーディネート。

IMG_8917八掛は鱗(ウロコ)柄!IMG_8918文庫結びで後ろ姿も可愛らしく。IMG_8941

IMG_8940

 

 

 

つづいては五歳様のお祝い着。
2020年・東京オリンピックのエンブレムにも用いられた
藍の市松模様がカッコイイらくやオリジナルです。IMG_8924羽裏には海老!そして・・IMG_8923背にはこんな可愛らしい紋が!IMG_8939

 

 

そして三歳様のお祝い着はこちら。
黒のベルベット地とオレンジ色でレトロな組み合わせです。IMG_8953髪を結い上げるには長さやボリュームが足りない・・
という三歳さまでもOK!な
ボブにちょこん、とつまみ細工の髪飾りをあしらったヘアスタイルにもぴったりです。IMG_8920

 

そして最後は訪問着。
七五三のお母様らしく、上品かつ正統派なコーディネートで。IMG_8946クリームの地色に松竹梅の柄が、
華やぎとおめでたいムードを添えてくれます。IMG_8933

 

店頭でのディスプレイは明後日、8/3木曜日午後までとなりますが、
ご試着やお下見は随時ご予約受付中です。

また、らくやレンタルのHPでは
実際にご着用いただいたお客様コーディネートのお写真や
期間限定のフェア・キャンペーンなどもご案内中です。

HPは下記リンクから。
ぜひご覧になってみてください~

衣裳らくやRENTAL
03-5623-9033 (11時~19時・水曜定休)

 

 

Share Button
カテゴリー: ショップ, 婚礼衣裳・きものレンタル | コメントは受け付けていません。

夏の集中レッスンキャンペーン

この夏、涼し~いお教室で集中レッスンを受けて

秋からの着物シーズンに、着物でお出かけしませんか?

 

石田節子流着付け教室では8/1(火)~9/30(土)まで、

夏の集中レッスンキャンペーンとして

【自分で着る3回コース】1回2時間、受講料21,000円+税のところ

15,000円+税で受講していただけるキャンペーンをスタートします。

IMG_8906

補正をせず、特別な器具を使わない昔ながらの着付け

3回でお太鼓結びができるようになります。

夏休みや、お盆休みを利用して3日連続で受講する事もできますので

「間が開いてしまって前回のレッスン内容を忘れちゃった…」

なんて事にならないのでおすすめです。

 

【夏の集中レッスンキャンペーン】

期間:8/1(火)~9/30(土)

自分で着る3回コース

1回2時間 全3回

受講料:キャンペーン価格 15,000円+税

※9/30(土)までに全3回レッスンを受講していただける方を対象としたキャンペーンです。

コース内容

●第1回 長襦袢・着物の着方

●第2回 名古屋帯で一重太鼓

●第3回 袋帯で二重太鼓

 

「着物を着て、どこにおでかけしたらいいのかわからない…」という方は

以前のブログでもご紹介しました

衣裳らくやのホームページ「イベント」ページをご覧ください。

一緒に着物でお出かけを楽しみましょう!

 

お問い合わせ・お申し込みは

衣裳らくや 石田節子流着付け教室 03-5623-9032

 

Share Button
カテゴリー: 石田節子流着付け教室 | コメントは受け付けていません。

営業時間変更のお知らせ&『江戸小紋・履物お誂え』展ありがとうございました!

いつもご愛顧いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら、本日は18時までの営業とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、
何卒よろしくお願いいたします。

 

そして、
昨日まで開催しておりました
『新作江戸小紋・履物お誂え』展、
無事終了いたしました。
IMG_8883

IMG_8848

 

4日間という短い期間でしたが、
本当にたくさんのみなさまにお越しいただきありがとうございました!

 

みなさまのもとで、
履物や江戸小紋が活躍し、
素敵な着こなしのお手伝いをさせていただけることを
楽しみにしています。

そして、
その装いでまたらくやに遊びに来ていただけたら嬉しいです!

ありがとうございました。

Share Button
カテゴリー: ショップ | コメントは受け付けていません。

【本日最終日】自分の足にピッタリになる!履物お誂え

ただいま江戸小紋と同時開催中の
京都・一脇さんの履物お誂え。
いよいよ本日最終日となりました!

こちらは実際にご注文いただいたお客様。
きものスタイリスト・秋月洋子さんデザインの浴衣を
素敵に着こなしていただいております。

IMG_8901

 

花緒にはカニさんが!

 

IMG_8903

 

歩きやすさ、履き心地だけでなく
脱いで揃えた履物が美しく見えるように、と
こだわって作っていらっしゃいます。
ほんの一部ですが、
おすすめの組み合わせと
台や花緒をご紹介させていただきます。

 

 

 

 

こちらは柾目の通った良い桐台に
ワインのような深い色味が綺麗な牛革の花緒。

IMG_8856
軽快さと女性らしさが程よくマッチしています。

 

こちらの台は足に触れる部分が
なんとバッファローの革。
希少価値が高く、とてもめずらしいとのこと!

IMG_8857
グレーがかったブルーの台に
花緒の“つぼ”の紫がアクセントになっており
他にはないお洒落な組み合わせですね。

 

つづいてはこちら。
鮮やかなピスタチオグリーンがひときわ目を引きます。

IMG_8859

花緒はレモンイエローで
きれい色同士の共演が華やかです。

台の色はもちろん、
素材もさまざま選んでいただけます。
IMG_8853
花緒もこんなに豊富なカラーバリエーション。
IMG_8867

 

 

色とりどりなだけでなく、
いろんな柄がたのしい花緒も揃っています。

まずはこちら。
昔なつかしいヨーヨー柄の花緒。
可愛らしいですね!

IMG_8865

 

こちらも夏物。
潮騒が聞こえてきそうな貝がらがあしらわれています。

 

IMG_8864

こちらは『柳につばめ』
粋な雰囲気が漂いますね。

IMG_8863

 

自分の好きな台や花緒を選ぶたのしみ、
そして自分の足にぴったり合うよう
職人さんにすげてもらった履物の歩きやすさ・心地よさを
少しでも多くのみなさまに体感していただきたいと思っております。

IMG_8868

 

Share Button
カテゴリー: イベント情報, ショップ | コメントは受け付けていません。

いましか聞けない!江戸小紋秘話

本日のらくやは、
ここでしか聞けない江戸小紋のお話、
江紋屋・三田村さんによるトークショー。

職人さんたちと着る人をつなぐ立場ならではの
お話を聞かせていただきました。

『ここでしか聞けない』のタイトル通り、
すべてをお伝えすることは出来かねるのですが、
ほんのちょっとだけレポートさせていただきます。

いよいよスタート!
会場は早くも熱気に包まれております。

IMG_8870

 

まずは、
江戸小紋を生み出す伝統工芸士の方々についてのお話。
12年の修行を経てやっとテストを受けられる、というきびしい世界。

いま資格を持ってらっしゃる工芸士さんは17~18人とのことなのですが、
実質稼働しておられる方、という意味ではわずか10名くらいになってしまうそう。
全ての染屋さんを合わせても年間2000反ほどしか生産されないというお話には驚きました。

 

色々な部分で縮小がすすみ、
新しいものづくりが難しいとされる時代ではありますが、
お客様のお声、職人さんからの意見、
その双方を取り入れながら
『今までになかったものを作っていくにはどうしたらいいのか』というチャレンジを繰り返してきたという三田村さん。

そんな三田村さんのリサーチでは、
やはり今は全国的に単衣を着る方が増えているとのこと。

改まった席でなければ“お花見から紅葉狩りまで”
単衣もので過ごす方も多く見受けられます。

そこで生まれたのが
『単衣仕立てにおすすめシリーズ』

江紋屋さんで扱っている反物はすべて
表地を染めた後に裏に色無地を染めているそう。

こうすることで高級感が際立ち、ひときわ見栄えが良くなりますが、
単衣に仕立てた時のかえりの美しさが抜群なのです。
IMG_8874

たとえばこんな配色も。

IMG_8890

 

コントラストが綺麗ですね!

IMG_8891
こんな優しくて女性らしい配色も素敵!

IMG_8895
こちらは表がぶどう唐草、裏が菊の地紋に染められた反物。

日本に数台しかない、
表と裏でちがう地紋を織れる織機で織られています。

 

つづいてはトークショー中、参加者のみなさんから
ひときわ大きな注目を集めたこちら、
流水の地紋に柳の柄を染めています。
IMG_8897

三田村さんがこのお仕事を始めた23年前は、
江戸小紋といえば浜縮緬という生地に染める、
というのが定番でしたが、
試行錯誤、新しいチャレンジを重ねた結晶のうちのひとつが
このように地紋が入った薄物への染め。

 

IMG_8898

合わせた染め帯も、
江戸小紋伝統工芸士・岩下江美佳さんの作です。

女性の伝統工芸士さんはとてもめずらしく、
しかも岩下さんは現在10年目のキャリアにしてまだ40代という若さ。

女性目線、そして現代の感覚、という目線で生まれた作品は
全国各地に固定ファンが根付いています。

 

岩下さんご本人も着物を着る方だから、
着る人の気持ちに寄り添ったものづくりが出来る、というお話では
会場がなるほど~、といううなずきモードに。

たしかに、説得力のあるお言葉ですし、
作品を見ればその説得力がより深まります。

 

 

番外編?!としてこんな変り種も。

よーく見ると
桜とおちょこの柄が染められた
“花見で一杯!”な反物。

IMG_8893

 

さりげなくお茶目な感じが可愛らしいです。

 

まだまだお話は尽きないのですが、
残念ながらブログでお伝えせきるのはここまで。

続きが気になる!
もっと見たい!聞きたい~!という方は、
明日最終日となります江戸小紋展、ぜひ足をお運びください。

スタッフ一同心よりお待ちしております!

 

 

 

 

 

 

 

Share Button
カテゴリー: ショップ | コメントは受け付けていません。

“いま着たい”江戸小紋・厳選5スタイルコーデ

 

“一枚あると便利よね”と誰もが思う江戸小紋ですが、
色や柄が豊富な分、どれを選んでいいか分からない・・というお声もしばしば。

また、永くひろく愛されてきたものだけに、
選び方次第では古めかしい印象になってしまうことも。

そこで今回は
江紋屋・三田村さんがおすすめする
“いま”着たい・江戸小紋のコーディネートを
シーン別にご紹介していきます。
まずひとつめのシーンは、
『お子様の入学式・卒業式』。
スーツやワンピースをお召しになる方もいらっしゃいますが、
せっかくだから着物を着てみたい・・と
思ってらっしゃる方が多いシーンでもあります。

 

おすすめのコーディネートはこちら。

すっきりとした色味の江戸小紋は御召十。
白地に金糸が入った帯で華やぎと正装感をプラスしています。
IMG_8785
品よく格式を保ちつつも、
若々しくおしゃれにまとめたコーディネートです。
IMG_8784

 

 

つづいてのシーンは『歌舞伎』。

きものは市松、帯は格子と粋な取り合わせですが、
こげ茶×ピンクの配色で可愛らしい雰囲気も。

IMG_8797
チラリと覗く絞りの帯揚げと、
差し色の帯締めもアクセントに。
IMG_8798

隈取りの斜め顔がカッコイイ
こんな花緒も。

IMG_8831

 

歌舞伎ならではのモチーフを
小物で取り入れると 一気にテンションが上がりそう。

 

 

 

さて、お次はスー女のみなさまお待たせしました!
『お相撲鑑賞』でのおすすめコーディネート。
IMG_8804

ぶどう唐草の地に御召十を染めた江戸小紋。
升席は限られたスペースということもあり、
お相撲鑑賞には単衣もおすすめ。
ラクにお過ごしいただけて、シワになりにくい江戸小紋はもってこいです。
IMG_8805
翻った裾や衿元からほのかに覗くのも素敵ですね。
帯は色の濃淡が美しい大ぶりな花柄で、
粋な中にさりげない女性らしさが香るコーディネートです。



さてつづいてのシーンは、
『女子会ディナー』。
例えばギンザシックスのような、いま話題のスポットでお食事、となると
着るものを選ぶにも自然と気合いが入りますよね。
そんな機会におすすめなのがこちら。

IMG_8811

インパクトのある色柄が印象的な帯を合わせた
モダンなコーディネート。

 

IMG_8812
佐賀・鍋島藩の裃(かみしも)の柄に用いられていた
ごま柄の江戸小紋です。

ワインが美味しく飲めそうな取り合わせですね!

女性同士が集まる会ほど、
細かい部分までお互いに目が行き届くためおしゃれのし甲斐があるもの。
程よいトレンド感を表しつつ
組み合わせ次第で永く愛せる江戸小紋なら、
気負いすぎないお洒落が叶います。

 

さていよいよ最後は
『お茶会』でのご着用向けのコーディネート。
IMG_8817

本藍無地の格子更紗の江戸小紋です。

IMG_8816
IMG_8818
帯は博多織、紹邑の袋帯をあわせて、
すっきりと潔いコーディネートに仕上がりました。

 

いかがでしたでしょうか?
様々なシチュエーション、様々なお好みに応えられる
“頼れるきもの”江戸小紋。

明日7/29(土)14時~は
江紋屋・三田村さんによるトークショーを開催いたします!
ご希望の方、ご予約はこちらまで 03-5623-9032 (11時~19時)

トークショー以外でのお時間も、もちろん三田村さんとお話できますので
みなさま是非遊びにいらしてください。

お待ちしております(*^_^*)

 

 

 

 

Share Button
カテゴリー: イベント情報, ショップ | コメントは受け付けていません。

おしゃれ江戸小紋と履物お誂え、いよいよスタート!

きもの好きの方にとっては
言わずと知れた“江戸小紋”。
なかでもとりわけお洒落で上質なコーディネートが評判の
東京染小紋、江紋屋さんをお招きしての
『新作江戸小紋展』@らくや
いよいよ明後日7/27(木)からスタートいたします!
IMG_8750

すでに固定ファンも多い『江紋屋』さんには、
おしゃれで着やすいきものを提案したい、
そんな想いで染められた着物や帯がそろいぶみ。

IMG_8752
夏羽織におすすめの透け感の美しい反物も。

 

古くから親しまれてきた江戸小紋は、
日常のちょっとした装いから
お子様のお宮参り、入学式・卒業式などの礼装まで、
合わせる帯やコーディネート次第で
様々なスタイルを楽しめて、いざという時頼りになる
“お役立ちきもの”でもあります。
IMG_8753

格の高さと、スタイリッシュなファッション性を兼ね備えた
江紋屋さんならではの品揃えは、
きものビギナーさんにも、はたまた江戸小紋フリークの方にも、
それぞれご満足いただけそうな豊富なラインナップ。

こちらは
なんと、本藍染の江戸小紋!
IMG_8748

IMG_8749

藍で染めた江戸小紋は江紋屋さんならでは。
なかなかお目にかかれない希少なものです。
ぜひ店頭にてご覧になってみてください。

そして・・
同時開催の“履物お誂え”では
京都・一脇さんがご登場!

好きな台を選んで、好きな鼻緒を選んで、
自分の足に合うように目の前で職人さんにすげてもらえる・・
そんな理想的な履物選びが叶います。

IMG_8762
涼やかでおしゃれな色合わせの木草履。
IMG_8763
ゆるやかに傾斜がかったこのラインが
自然に足が前に出ていくようで歩きやすい!と大人気です。

IMG_8757
色柄とりどりの
鼻緒もズラリ!200種類ほどの中からお選びいただけます。
IMG_8759

足に合った、履き心地の良い履物を選ぶと、
歩く姿や立ち姿がグッと美しくなり、
また疲れにくいため、きものでお出かけが一層たのしくなります。

 

 

江戸小紋、そして履物いずれも
4日間だけの超期間限定企画になりますので、
お見逃しのないよう!
ぜひお誘い合わせのうえお越しくださいませ。

【新作江戸小紋と履物お誂え】展 @衣裳らくや
会期:7/27(木)~30(日) 11時~19時

☆7/29(土)14時~は、江紋屋・三田村浩幸さんによるトークショー!
新作江戸小紋秘話が聞けるかも!?
まだ若干名ご予約可能です。
ご希望の方は03-5623-9032(11時~19時・水曜定休)まで
(入場無料です)

Share Button
カテゴリー: イベント情報, ショップ | コメントは受け付けていません。

大人のたしなみを楽しもう!

本日は、らくやカルチャー企画のイベントで
話題のスポットGINZA SIXの能楽堂での能鑑賞へお出かけの前に、
らくやへ寄って下さったお客様の中に、
とても素敵に夏着物を着こなされた男性が・・・

大人の男性がさらりと着こなす姿は本当に格好良いですよね!

そろそろ、浴衣だけじゃなくて着物も良いなぁと思っている方や、
より素敵に着こなしたいと思っている方、
本日7月23日(日)こんな番組が放送されますよ!
BS日テレ「大人のたしなみズム2」

スクリーンショット 2017-07-23 12.58.21

石田も登場いたします。
どうぞご覧下さいませ!

Share Button
カテゴリー: CM、TV、雑誌のお仕事 | コメントは受け付けていません。

加賀の蒔絵ジュエリー展、好評開催中です!

石川県加賀市で120年蒔絵工芸を繋げてきた
漆工芸・大下香仙工房。

世界に誇るその伝統技術に
新たなエッセンスを加えた独自のものづくりで
いま注目を集めているジュエリーブランド、
『Classic Ko』さんの展示販売が昨日よりスタートいたしました。
issue09_04_l
issue07_01_l

 

 

衣裳らくやでの本格的な展示は今回が初めて。
本日は開催を記念して、
五代目・大下香征さんによるトークショーを行いました。

 

 

ブランド『Classic Ko』のデザイン、そして制作、
さらに他ブランドとの共同制作など
さまざまなフィールドで活躍しておられる大下さんのお話が
直にお聞きできるのはたいへん貴重な機会!

IMG_8728
期待に胸をふくらませた、参加者のみなさま。

 

 

もともとはグラフィックデザイナーだったという大下さん。
全くちがう業種ではあるものの、
長く手を掛けてものをつくり、
そして伝統の技術を受け継いでゆく、という部分に心惹かれたそうです。

作り手さんとしての真摯でひたむきなお気持ちをお聞きすると、
商品の魅力がより一層増して感じられます。

 

 

こちらは工房近くの風景。
パノラマのような見晴らしのよい景色が広がっています。IMG_8722

 

なるほど、あの素敵なジュエリーたちは
こんな場所で生まれ育っているのね・・と感慨もひとしお。

 

現在は工房に4名の伝統工芸士が在籍され、
さらに見習いの方も2名いらっしゃるそう。

 

 

下図といわれるデザインをトレースして絵を描き、
そこに金粉を撒いて磨き上げる。
この工程を撒く金粉の粒子の粗さを調節したり、
磨くときに使用する研磨剤の配合を変えたりしつつ、
幾度か繰り返すことで細やかな奥行を生み出すという作業、
そしてそこに用いられる道具のひとつひとつや
素材の希少価値の高さは、
あらためて、ため息のでるようなお話でした。

 

 

こちらは実際にお使いになっている道具。
漆を細い筆にとって塗る、という工程を再現していただきました。
大下さん、見習い時代は漆にかぶれながら修行をされていたそう。
(いつのまにか平気になったのだそうです 笑)

IMG_8730
お使いになっている撒きぼかしの道具には葦が用いられていて、
内部に丁度良い感じの毛羽立ちのひっかかりがあるのが良いのだそう。
例えばステンレスやプラスチックなどではなかなか代用が難しいとおっしゃっていました。

 

大下さんのお話からは、
道具そのものに対する信頼感や愛情も垣間見えて、
日本のものづくりって素敵だな、とつくづく感じました。

 

トークショーも半ばを過ぎるとみなさまからの質問も飛び出したり、
和やか&にぎやかムードに。

IMG_8732

お暑いなかトークショーにお集まりいただいたみなさま、
本当にありがとうございました!

明日以降も展示はまだまだ続いております。
お着物フリークな方も、そうでない方も、
お気軽に足をお運びくださいませ。
心よりお待ちしております!

 

【Classic Ko】展 @衣裳らくや
会期:~8/13(日)まで (水曜定休・11時~19時)
お問合せ:03-5623-9031

issue04_08_l

 

 

Share Button
カテゴリー: イベント情報, ショップ | コメントは受け付けていません。

美しき加賀のアクセサリー ~Classic Ko~

凛とした美しさが印象的な帯留めやピアス、アクセサリーなど、、
いつもの着こなしをワンランクおしゃれに演出してくれる、
そんな小物たちが石川県は加賀より届きました!
issue05_01_l

ご紹介させていただくのは
大下香仙工房 『Classic Ko』 さん。

7/21(金)から8/13(日)まで、衣裳らくやにて
期間限定の展示販売をさせていただきます。
issue08_05
issue07_08

時代を経て受け継がれてきた装飾技術『蒔絵・漆』を駆使した技法に現代の感性が注がれており
その唯一無二の美しさに注目が集まっているブランドです。
issue09_03_l

都内でも限られたごくわずかなショップでしか取扱いがなく、
今回のように多数のアイテムを実際に目で見て、手に取っていただけるのは
たいへん貴重な機会。

さらに今回は・・
大下香仙工房5代目・大下香征(こうせい)さんによるトークショーを開催いたします!

ご自身のブランドのほか、
皆川明さんが手がける『ミナペルホネン』さんの2015年SSコレクションにて蒔絵アクセサリーの制作協力もしておられる大下さん。
(ブログはこちら)

蒔絵、そして螺鈿など
見るものの心をとらえて離さない
美しき加賀の伝統技術を“いま”につなげる感性について、
ものづくりへのこだわりについて、
色々なお話がお聞きできることと思います。

 

【大下香征さんトークショー】
7/22(土)14時~
※入場無料
※予約制となっております、お申込みはお電話またはメールにて 03-5623-9032

 

issue08_06_l

issue04_04_l

帯留めやかんざしといった和の小物のほか
着物にも合いそうな小ぶりなピアスにイヤリング、
その他ネックレス、バングル、リングに
動物などのモチーフが愛らしいピンブローチまで、多数のアイテムが揃っております。

ピンブローチは帯留めに作り替えも可能とのこと。
(別途料金が発生いたします)

自分へのご褒美はもちろん、プレゼントにも喜ばれそう。

お気に入りを見つけに、
ぜひお出かけください!

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

Share Button
カテゴリー: ショップ | コメントは受け付けていません。