11月 292016
 

img_0345

小さいながらもワンランク上の装いを完成させてくれる心強いアイテム「帯留」。

12月1日(木)〜6日(火)まで「こだわりの上質帯留遊び」と題し、らくやセレクトの帯留展を行います。

 

らくやで人気の「おそらく工房」さんの新作帯留や、

きものスタイリスト秋月洋子さんと銀細工職人の山口緩奈さんが手がける「九九」のフルラインナップ、

そして今回初登場となる「大下香仙工房」さんの上質な帯留など、

他ではなかなかお目にかかれない貴重な品々をご用意しました!

img_0346

こちらは「大下香仙工房」さんが展開するブランド「classic ko」のブローチや帯留。

(ブローチでも帯留としてお使いいただけるようにアレンジ可能)

装飾技術「蒔絵・漆」の手技を駆使しながら、現代的な感性を独自にミックスし

「美しさ」と「品格」を持ったジュエリーを金沢の工房にて制作されています。

7

今回は帯留やブローチを中心にご紹介していきますが、

ピアス・イヤリング、リングなどもきものにさらっと合わせたいアイテムです。

moroccan-l-brooch

今回ご紹介する帯留は、どのブランドも細工が繊細で、上質な素材を使って作られているものばかり。

ぜひ、 手にとって見ていただきたいです。

 

帯留に合わせたい三分紐なども豊富にご用意していますので、

帯まわりのおしゃれを楽しみにいらしてください!

Share Button
11月 282016
 

早いもので今年も残すところあと1か月となりましたね。

らくやでは12月もお楽しみ企画目白押しですが、

年明けにどどーんと大イベントをご用意しています!

そう、ご存知の方も多いと思いますが

毎年恒例となりました銀座のかねまつホールを借り切ってのきものイベント、

2017年も趣向を凝らして開催いたします!

img_2199

衣裳らくやpresents

〜日本の繭から生まれる物語〜

今回のテーマは「きかがくキカガク」です。

織のきものの柄は、縞・格子・絣が基本。

染めのきもの地紋といえば七宝・鱗・菱・唐草が定番。

改めて考えてみると、きものは幾何学模様で出来ている!

古典正統派で不変、、、だから時を超えて常に「今」の感覚で着られる

「幾何学のきもの」をテーマに、きものスタイリストがオリジナルデザインの新作をご提案いたします。

(新作は全て、らくやが手がける「純国産きもの」です)

 

会場にはコーディネート台を設けて、石田はじめ3人のスタイリストが随時オススメのコーディネートを

展開していきます。スタイリングの模様をリアルタイムで是非お楽しみください!

また、らくやがセレクトした日本各地の反物・帯・小物も会場に大集合。

各産地を愛する作り手さんやスペシャリストがきものの魅力をよりお伝えいたします。

 

ただいま、こだわりの一点ものを制作中。

制作の模様や、スタイリスト情報、出展いただける各産地のスペシャリストなど、

イベント当日に向けてこちらのブログでご紹介していきますので楽しみにしていてください!

 

店頭にはチラシをご用意しています。

また、イベント詳細についてはらくやショップまでお気軽にご連絡ください。

 

衣裳らくやpresents

〜日本の繭から生まれる物語〜

「きかがくキカガク」

日程:2017年1月11日(水)〜17日(火)

時間:11:00〜20:00(初日は17:00〜・最終日は17:00まで)

会場:銀座かねまつホール

東京都中央区銀座6-9-9 5F

お問い合わせ:03-5623-9030

Share Button
11月 262016
 

身が引き締まる寒さのなか「第12回無料講座開催」いたしました。

今回はのテーマは「お正月の『初〇〇』にはきもので」。これからの年末年始は着物でお出かけしたくなるシーンが盛りだくさん。

コートや羽織などコーディネートのアイテムも増えて、着物好きにとって、おしゃれの本番の季節です!

今回の無料講座では、年始の『初芝居』『初釜』『初詣』『初寄席』4つのテーマで石田がコーディネートいたしました。

 

img_0221

 コーディネートが完成するたびに皆さん熱心に写真撮影されています。

 

img_0200

まず最初は『初芝居』

クリーム地 霞に四季の花の訪問着に正倉院柄の袋帯。新春の歌舞伎座で桟敷席にも相応しいゴージャスな装いです。

ザ・ハレのキモノ!なコーディネートに会場にため息が漏れます。

 

img_0198

お次は『初釜』

 らくやオリジナル 水色地・波に日の出に、桐生産の丸帯を袋帯に仕立て直した松の帯。

 

img_0236

3番手は『初詣』

新春らしい白地に梅の手描き友禅の振袖に梅柄を織り出した帯。

いまではちょっと珍しいアンティークな赤いビーズのバックが愛らしい。

 

img_0233

最後はちょっとカジュアルな装い。黒地四角絞り柄に紫と黒の粋な縞の帯で『初寄席』へ

カフェや浅草散歩にもおすすめ。梅の帯留めで新春らしく。

以上全てはらくやレンタルでお取扱いしております。

img_0239

 

img_0240

 四人ずらっと並ぶと一足早くお正月が来たような華やかさ。

こちらはらくや1階のショールームにてみなさまのお越しをお待ちしております。

是非この四人に会いにらくやにご来店くださいませ!

 

 

いつもはシックに決めていても、時には晴れやかなコーディネートでお出掛けしたら思いっきり気持ちがあがるはず!

お正月を写そう♪キレイな晴れ着を写そう♫と言う事で・・・・

訪問着や振袖って和の習い事ををしていないと、結婚式のお呼ばれぐらいしか着る機会が無いので、この際、お正月にお召しになってみませんか?

いつもは紬のらくやスタッフも改めて晴れ着を見たら「やっぱり華やかなきものも良いわね〜」と大盛り上がり。

らくやレンタルではこのほかにも他では見られない、素敵なきものと小物達をそろえて皆様のお越しをお待ちしております。

是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

Share Button
11月 252016
 

昨日の雪から一転、今日は快晴の人形町です。

img_2193img_2194

季節は「小雪」とあって、まさに冬の入口。

風が冷たいですが空気が澄んでいて冬らしい気持ちよさです。

きものも冬小物を揃えながら、おしゃれを楽しみたい季節ですね。

 

お店は、11月27日(日)まで「帯屋捨松」の企画展を行っています。

見れば見るほどに味わいが増す捨松の帯の世界を、ぜひ手にとって堪能してください。

 

そしてそして、新しい商品も到着しておりますよ!

先日石田がセレクトして入荷しました手機の博多帯をメインにコーディネートしてみました。

こっくりした色合いが素敵な千年工房さんの献上「千織」。一味も二味も違う特別な博多献上です。

きものは久米島紬を。草木染めの手織りが優しく、粋になりすぎない上質な組み合わせです。

img_2186-1

ちなみにこちらに羽織をのせるなら、、、

img_2190-1

紫がかった地に絞りの雪輪柄が入った飛び柄小紋はいかがでしょう。

羽織やコートにおすすめの手頃な着尺も新入荷していますので

お似合いのものを見つけてくださいね。

 

さて、明日11月26日(土)13:30〜は石田節子の無料講座です!

テーマは「お正月の初○○にはおきもので」。

初詣、初釜、初芝居、初寄席など、お正月は「初」づくし。

何かときものを着る機会が増える新春に向けての石田流コーディネート指南です。

防寒に関しての知識やおしゃれもご提案いたします。

ご興味ある方は、直接お電話にてご予約ください。

(無料講座のお問い合わせ先 03-5623-9030 )

 

冬のきものおしゃれをあれこれ思案中の方、一緒にスタイリング考えましょう〜♫

Share Button
11月 172016
 

img_2121

世界中の美しいものを大胆に帯作りに取り入れているという

西陣の老舗織元「帯屋捨松(おびやすてまつ)」さん。

異国情緒漂うオリエンタルな帯など、独特の世界観が素敵です。

らくやでは初めての単独展。スタッフも楽しみにしていました^ ^

img_2107

img_2108

img_2109

img_2110

帯屋捨松の最大の特徴は、高度に分業化が進んだ西陣において

あえて図案から自社内で考案し、特殊な糸の製造や加工、また、紋紙彫り・引箔・染色に至るまで

専属の職人によってまかなっているとう独自性に支えられた工程にあリます。

帯屋捨松では数十台ある機の一台一台が異なる組織に対応できるため、袋帯はもちろん九寸、八寸、夏帯など

さまざまな商品を少量ずつ吟味して織り上げていきます。

手織りの優しさ、力強さを備えた他にはない帯ばかりです。

 

早速、らくやオリジナルブランド「倉渕紬」の新作とコーディネートしてみました。

可愛く、シンプルに。

きものも帯も手織りの風合い。ぜひ触れてみてくださいね♪

img_2131

img_2137

Share Button
11月 142016
 

最近、打掛での挙式&披露宴がじわじわと人気です。

そこで・・・・新郎様の紋服と

新婦様の白無垢(または打掛)と掛け替えの打掛がセットで

¥500,000+税という、お得なプランが登場しました。

例えば・・・・

img_0085_1

新婦様の打掛一式 【Q-22 打掛 銀鼠市松・枝垂梅地紋に鶴丸背紋】¥250,000+税

 

img_0135_1

更にお色直し用の打掛
【Q-19 打掛 ピンク地/宝船】¥450,000+税

 

20161114155332

新郎様の【黒紋服/羽二重】¥70,000+税

この3点を選んでいただいた場合、
通常レンタル価格 ¥770,000+税のところ
¥500,000+税でレンタルしていただけます。

清楚で楚々とした白無垢に綿帽子で挙式して、
豪華で美しい色打掛に角隠しで披露宴に・・・
お色直しの時間や労力がほとんどかからず
ヘアチェンジ無しでも、ガラリと印象が変わります。

もちろん、色打掛→色打掛でも、ご要望と
お客さまに合わせてご提案いたします!

婚礼衣裳をお考えの方は衣裳プランの候補に
加えてみてはいかがでしょう?

らくやでは、他にもご参列のご家族様プラン等
お得なセットプランがございますので、
ご相談くださいませ。
※会場によっては外部からの衣裳持込みや出張着付けなどに制限が設けられている場合がございますので、事前にご確認をお願い致します。

Share Button
11月 112016
 

きもの好き、ましてや江戸小紋好きの方なら、

知らない人はいないのではないでしょうか?

「岩下江美佳」さん。

img_9833

東京染小紋初の女性伝統工芸士として、数々の媒体にも取り上げられ、

伝統を継承しながらも、独特の美意識を持って染められる反物は

今迄の江戸小紋と少し違った魅力を感じるものばかり。

img_9831 img_9835

優しい地紋に明るく綺麗な色合いは、纏った時に気持ちがグンと華やぐ事間違い無し。

きっと、あちらこちらにお出かけしたくなる事でしょう。

 

img_9836

モノトーンは、可愛らしい水玉柄で若々しく。

img_9830

帯は、後ろ姿をぐっと魅力的に・・・。

個人的には絣の紬に合わせて、民藝調だけれども

お洒落で洗練されたコーディネートに挑戦してみたいですね。

 

img_9837

こちらは単衣仕立て向け・・・と言うよりは、

単衣仕立て専用と言い切りたい反物。

麻の葉柄の地紋に水流の様な乱菊の様な大胆な柄が染められ、

裏は無地染めですので、より、地紋が浮き出てき、

表裏で違う柄が染められているかの様な効果が。

単衣のきものでも良いですが、単衣の羽織に仕立ててもとってもお洒落です。

img_9832

大柄で伸びやかな蔦の紗地紋の生地を黒と、愛らしいピンク紫のドットが散らされ染められたこちら。

絽の襦袢地を重ねて見ると、透け感がよく判ります。

こちらも夏羽織にもおススメ。蔦の葉から下のきものの柄をうっすら透けさせて・・・

最近は暑いので、夏羽織とは言いますが塵よけとして桜の頃から紅葉の頃迄お召しいただけます。

 

今日は生憎の雨と寒さでしたが、この土日は暖かくなりそうです。

「江戸の粋を着る」は13日(日)迄です。どうぞお出かけくださいませ!

Share Button
11月 112016
 

衣裳らくや着付け教室より11月から始まる

「ベーシッククラス(グループレッスン)」募集のお知らせです。

「ベーシックコース」は毎週1回。

初心者の方、リーズナブルに着付けをはじめたい方にオススメです。

募集クラス:毎週土曜午前

      ベーシッククラス(初心者クラス)

日程:11/26〜3/17

時間:11:00~12:30(90分)

※終了の日にちは変更する場合もございます。

※その他の曜日も随時募集しております。

 

<ベーシックコースカリキュラム

① 初心者講座 きものの基礎知識、下着の付け方、きものの畳み方

② 長襦袢・きものの着方 畳み方復習、一重太鼓の説明

③ 長襦袢・きものの着方復習 一重太鼓を結ぶ

④ 長襦袢・きものの着方、一重太鼓を結ぶ 復習①

⑤ 長襦袢・きものの着方、一重太鼓を結ぶ 復習②

⑥ 長襦袢・きものの着方、一重太鼓を結ぶ 復習③

⑦【講義】きもの講座① きもののコーディネート(季節と格)

⑧【講義】きもの講座② きものの産地と特徴、きものの買い方

⑨ 長襦袢・きものの着方、二重太鼓を結ぶ

⑩ 長襦袢・きものの着方、二重太鼓を結ぶ 復習①

⑪ 長襦袢・きものの着方、二重太鼓を結ぶ 復習②

⑫ 長襦袢・きものの着方、二重太鼓を結ぶ 復習③

⑬ 総復習①

⑭ 総復習②

⑮ 総復習③、仕上げ

持ち物: 着物・名古屋帯・長襦袢(半衿と衿芯つき)帯あげ・帯締め
足袋・伊達締め・ゴム付帯板・コーリンベルト・帯枕・腰紐(1本)
仮紐(3本)・裾除け・肌襦袢(和装スリップでも可

 

 

img_0926

先月ベーシックコースを終えられたみなさま。コース最終日に担当講師E先生と石田を交えて記念撮影。

1月からは次のステップ、ネクストコースに進まれます。

 

img_0930

 みなさんレッスン後着物でお出かけということで、急遽石田によ る所作レッスン。

 

 

 img_1336

この日はベーシックコース最終日ということでE先生とみなさんでランチへ

『いってらっしゃいませ!』

 

グループレッスンはお友達同士でご参加のかたもいらっしゃいますが、お一人様でのご参加も大歓迎です!

初回の授業ではじめましての方も15回のコース終了時にはみなさんとすっかり仲良しに。

きものを通しての出会い、素敵ですね。

是非みなさまもアットホームな衣裳らくや着付け教室のグループレッスンで今年のクリスマスや年末年始は

着物でお出かけしてみませんか?

 

 お申込み、お問合せは衣裳らくや着付け教室03-5623-9032までお願いいたします。

Share Button
11月 102016
 

石田節子流付け教室   浦和校  和真(わごころ) ホームページリニューアルのお知らせです!

2015年に着付け教室移転のお知らせをした浦和校が、今回ホームページをリニューアルいたしました。

浦和校の講師・星野先生は豊かな経験を踏まえた分かりやすい指導で浜町本校でも人気のベテラン講師。

こちらの教室はフランチャイズ校の中でも数少ない『人に教えるコース』まで指導できる認定校なので講師を目指す方にもおすすめです

明るく元気な星野先生のアットホームな教室できもの美人を目指してみませんか?

 

 DSCF2569

お教室はこのマンションの最上階。 ひときわ目立つ高層マンションで迷子の心配なし!

駐車場もありマイカーご利用の方にも便利です。

エントランスも広々

 

DSCF2579

 

DSCF2580

モダンで清潔感あふれるお教室。日常を忘れてゆったりお稽古できそうですね

 

 

DSCF2591DSCF2575

座学や半襟付けなどができるスペースも完備。最上階で解放感抜群

 

浦和近郊にお住まいで着付けを習いたいという方には是非石田節子流  着付け教室  浦和校  和真(わごころ)へ!

お問合せは衣裳らくや着付け教室 浜町本校までお願いいたします。

もちろん石田節子流 着付け教室浜町本校でも各コースお問合せ、お申込みを随時お受けしておりますのでお気軽にご連絡下さいませ!

 

TEL. 03-5623-9032(衣裳らくや着付教室浜町本校直通)

Share Button
11月 082016
 

好評いただいております「江戸の粋を着る」

今回、是非とも実際に手に取って見ていただきたいのが

「藍染めの江戸小紋」

img_9812

小さく破れ色紙の様な、掠れ金箔の様な柄が散らされた江戸小紋。

粋だけど柔らかい女性らしさも感じるこちら。

雪や霰に見立てたり、新緑や桜の頃に映えることと思います。

img_9811

定番の博多帯を合わせてみました。

ちょっと懐かしい古風な雰囲気。真っ白な衿を詰めた着付けにして、

シンプルな冠組の帯締めをシュッと締めて白木の下駄を履けば、

小粋な風情で、下町散策にもぴったり。

モダンな帯を合わせればガラリと違う表情を見せてくれそうです。

img_9813

立涌が縦横斜めに交差した様な柄と市松in変わり市松の

ちょっとCGっぽいこの2枚。

染めている生地がそれぞれ違うので、色味も変わって見えます。

 

型でいつもの江戸小紋とは違う糊を使い糊伏せした後

藍窯に何度も浸けて染めるという他では無い方法だそう。

先日迄有った三役を段に配した藍染め江戸小紋もとっても素敵だったのですが・・・

お嫁に行ってしまいました。

なかなかお目にかかれない逸品です。

 

こちらの会期は今週末11月13日までです。

一枚有れば様々に着回せる裃小紋系から、見て楽しい、由来を知れば知る程楽しいいわれ小紋

紋紗お召しや、単衣向けに表と違う色が染められたもの等々・・・

正統派から変わり種まで様々に取り揃えてお待ちしております!

img_9810

Share Button