10月 292016
 

さて、好評いただいております、五人五様-大島紬「ひっとべの会」

いよいよ、明日、日曜日が最終日となりました。

今日に引き続き、福原豊さんも在店くださいます。

私、斉藤が初日から気になっていた反物2点をご紹介。

どちらも貴重な「白大島」のコーディネートです!

img_9762

白地に黒い絣が不規則に織り出されたこちら。

「絞りの雰囲気を出してみたい」と、福原さんが企画したものです。

私にはこれがイコライザーの様に見えたので、

コンサートにお出かけのコーディネートにしてみました。

img_9760

ト音記号の様にも見える雲立涌に雨龍の紅型染め帯。

記号の一部の様なリズムを感じる帯留。

三味線の根付けをポイントに。

 

ピアノや音譜、ヴァイオリンなどのモチーフが描かれた着物や帯も

楽しくて喜ばれますが、唯一判り易いのは根付けのみ。

後はなんとなくの見立てでさりげなく匂わすのも素敵ですよね。

 

もう一点気になっていたのが・・・

img_9764

こちら。白地に龍郷柄が藍の絣で、とてもモダンに織り出されたものです。

龍郷柄とは大島の龍郷町で生まれ伝承されて来た大島紬を代表する柄で、

「ソテツの葉」と「ハブ」を図案化したものです。

泥染や藍染めの「これぞ大島紬」というものはよく見るのですが、

この様にすっきりと洒落た雰囲気のものは初めて見ました。

なんだか、ノルディック柄やアフリカの模様の様な印象も受けます。

絣の色が「藍」なのもあか抜けて見える要因かもしれません。

さて、何を合わせようか・・・と思っていると、

着付け教室が終わった、講師のT先生が通りかかったので、

お好きな組み合わせでコーディネートしていただきました!

img_9767

おぉ〜!!さすが、いつもお洒落な着こなしのT先生。

鮮やかな挿し色を入れつつもその分、モノトーンの帯揚げでシックに

足し算引き算の都会的なコーディネートです。

声をおかけした時は「えぇ〜私〜?」とおっしゃいながらも・・・・

img_9765 img_9766

いざ、コーディネートし始めると「う〜ん、こっち?いや、これ?」と

真剣に、でも楽しんでいただけました。

 

そして、そして、最終日のスペシャル。

なんでも鑑定団ならぬ、福原さんの「大島紬鑑定団」やります!!

譲り受けたものなど、お手持ちの大島紬をお持ちください。

もしくは、「これって大島?」というなんだかわからない反物があるの、、、という方もお持ちください〜。

大島紬のプロフェッショナル 福原豊さんが親切・丁寧にお持ちの着物を解説してくださいます^ ^

image1

さぁ、いよいよ明日迄。

「最終日特典」もいろいろご用意しております!

 

良き伝統を継承しながらも、常に進化し続ける「ひっとべの会」の大島紬。

どうぞ、その手、その目で実感しにいらしてください。

img_9770

Share Button
10月 282016
 

「きものSalon」でおなじみの世界文化社より絶賛発売中の

家庭画報特選「決定版◆きものに強くなる

img_9618

第3章 コーディネート・基本とアレンジ(p120~p141)の

スタイリングを石田が担当いたしました。

img_9620

img_9621

黒留袖や付け下げなどの礼装から紬、浴衣まで、基本正統派の組み合わせと

パーティシーン向けにアレンジした組み合わせで

「こんな着こなしも素敵ね〜」と楽しんでいただける事と思います。

置撮りという撮影方法で、撮影現場では

「石田節子流着付け教室」のプロコース卒業生が大活躍でした。

「これ、着たい〜♥」「こんな合わせ方も良いねぇ」と

楽しみながらも、せっせと手を動かして形を整え、

撮影が終わったモノをじゃんじゃん畳んで片付けて行きます。

「らくやさんのスタッフはすごいわね〜」と、

編集さんが感心しきりなのが嬉しかったです。(^o^)<自慢

 

この他の章では、本当に基本の格や季節の決まり事、

産地の紹介等、まさに「きものに強くなる」一冊となっています。

 

読み込むと「なるほどなぁ」「へぇ?!知らなかった!」と勉強になります!

きものに強くなりたい!と改めて思ってしまいました。

 

どうぞ、書店で手に取っていただくか、こちらに飛んでポチッとどうぞ!

 

最後にもう一つ・・・

img_9619

この表紙のスタイリングと置撮り、実は6年程前に

やはり世界文化社さんより発行された

初めてでもよくわかる冠婚葬祭きもの事典」で

私、斉藤が担当したものなんです〜(^o^)<自慢2

ちょっと、いや、かなり嬉しかったもので・・・・

Share Button
10月 232016
 

10月21日からスタートしています紬のふくはら三代目 福原豊さんをお迎えしての「大島紬展」。

昨日は福原さんに大島紬についてあつーく語っていただきました。

トークショーにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました!

 

知れば知るほど深みにはまる大島紬の魅力をもう一度福原さんに語って欲しい!と

スタッフからも、お客様からもリクエストが多く(大島紬ファンの方、やっぱり多いのですね^ ^)、

小さい会ですが福原さんを囲んでの大島紬「おはなし会」を行うことにいたしました。

東の「結城紬」西の「大島紬」と言われるほど、紬のなかでは一大ブランドですから

制作工程や歴史もしっかり学びながら、じっくり見比べてみてください。

大島紬のコーディネートも考えてみましょう!

 

日程:10月25日(火)14:00〜

場所:らくや2Fショップ

 

お気軽にお越しくださいませ。

お待ちしております^ ^

img_1876

Share Button
10月 222016
 

昨日から始まった「五人五様 大島紬〜鹿児島の織元若手有志五人〈ひっとべの会〉」

今日は14:00より産地を語る着物人としまして

〈ひっとべの会〉とも親交が深い福原豊さんにお話しいただきました。

img_9322

産地のお話になると、いつも聞くフレーズですが

「生産量が最盛期の○○分の1になってしまって…」

「何代も続いた織元さんだけど、後を継ぐ人がいなくて…」

紬の最高峰として東の「結城紬」西の「大島紬」と並び称される

ブランドである大島紬も例外ではなく、反対に

誰もが知っていて、着物に詳しくない人でも聞いた事が有る大島紬は、

一時期大ブームだった故にバブル前、最盛期の年間生産70万本から、

今では鹿児島で100分の1の7千本になってしまったとの事・・・

 

それでも「これではダメだ。俺たちがやらないと!」と

若手有志の五名で始めたのが〈ひっとべの会〉

2018年の大河ドラマにも決まった西郷どんこと西郷さんをはじめとして

「強くて勇ましく男らしい薩摩隼人」のイメージが強い鹿児島の男性ですが、

その実、及び腰の方も多い(鹿児島県人の福原さん談)らしく悩んでいる時に

泣こかい 飛ぼかい 泣こよか ひっ飛べ!泣こうか 飛ぼうか 泣くぐらいなら 飛んでしまえ!〜」

と、お尻をたたく為に使われる諺から〈ひっとべの会〉と名付けたとの事。

これまでは、ひとまず地元の鹿児島の人達に知ってもらおうと活動されていたのですが、

今回、東京での初めてのイベントとなりました。

 

やはり、各々の機場によって得意な色・柄があり

それぞれの特色を持つ反物が作られています。

img_9307

大島と言えばの「龍郷」「秋名バラ」を得意としているところ

泥染一本で極めているところ

正倉院文様や名物裂など重厚な古典柄を織り出しているところ

蚊絣や亀甲絣など大島紬でも男物として人気のものを得意としているところ

あまり見た事の無い創作大島を中心にしているところ・・・

 

昔ながらの良さは残しつつ、今の時代や気分に合わせて

様々な色、柄、配置そして着心地を考えて

進化し続ける大島紬。

 

是非とも、その目、その手で実感しにいらして下さいませ!

img_9337

ちなみに今日の石田は、うっすら薄紅色地に蚊絣が織り出された

福原さんの大島紬に合わせて、福原さんの「福」にかけて

おたふくが絞られた名古屋帯で聞き入っていました。

 

そして、トークショーが終わって興味津々のお客様。

img_9346 img_9350

基本の「マルキ」や「締め機」「泥染の行程」等も

色々とご説明いたします。

 

福原さんはこの後、23(日)〜25(火)、29(土)、30(日)と

在店の予定ですので、是非足をお運びくださいませ!

Share Button

大人なクリスマスコーディネート

 未分類  コメントは受け付けていません。
10月 172016
 

もうクリスマスの話題?と言われるかもしれませんが・・・

見つけてしまったんです。

「つぶつぶ・ぽちぽち・楽しい帯」の棚を見ていて・・・

img_9240

img_9242

ザックリとした白っぽい生地に、フワフワした赤と白の糸が横段に織り出されたこの帯を・・・

「サンタの髭とコスチュームみたいだな〜」と、思っていると白く十字が染められた小紋が!

ツリーやリース、ベルなど、そのものズバリなモチーフでのコーディネートも可愛いですが、

組み合わせ次第でなんとなく連想させるくらいの大人なコーディネートもおススメです。

帯締めも深い緑色で判る人にだけ判ってもらえたら良いな♪な装いです。

 

img_9243

こちらは、もうちょっとクリスマスっぽさが感じられますかね?

鮮やかなグリーン地に白と、赤、緑の糸でスクエアが織り出された帯。

ろうそくっぽい?オーナメントっぽい?

実は日時計がモチーフで、色使いがたまたまこうなったとの事。

「つぶつぶ・ぽちぽち・楽しい帯」は明日迄。

他にも楽しい気分になってしまう帯や反物がいっぱいです。

img_9244

気になっている方は是非、足をお運び下さい!

 

そして、もうひとつお知らせが!

img_8445

石田の著書「美人のしぐさ51のルール」

持ち運びし易く、手に取り易い文庫本になって再登場です!

きものや日本文化に根差した美人の仕草や、

ちょっとした心配りが判り易く書かれています。

明日が発売日ですので書店などでどうぞ、お手に取ってくださいませ(^o^)/”

Share Button
10月 152016
 

本日秋晴れのなか第11回無料講座開催いたしました。

今回はヘアスタイルをテーマにしたはじめての試み。

ただ束ねるだけでは味気ないけど、きっちりまとめるとアンバランス・・・・

そんなお悩みを解決すべく、らくやの新スタッフヘアメイクアップアーティスト山崎アキラが

自分でできる手軽なスタイルを実演いたしました。

まずは紬の普段着ヘアアレンジ。

ブロック分けの重要性や逆毛の立て方についての説明に聞き入る受講生。

img_9106

そして「実は髪の毛が長すぎるとアップスタイルは難しくて、

ワンレングスの長い髪は美容師泣かせなの・・」と言われ苦笑するモデル(笑)

img_9120

 

数々の女優指名で様々なメディアで活躍してきた

ヘアメイクアップアーティストの実演に

みなさま前のめりで聞き入ってらっしゃいました。

 

img_9183

アッと言う間にボブスタイルのスッキリアップ大島紬の普段着スタイルと、

あの超ロングヘアが、フィンガーウェーブボブな礼装スタイルに!

 

せっかくなので外でリラックスして写真を。

img_9219 img_9228

実は二人が着ている着物全て、らくやのレンンタルでお貸し出ししている着物なのです。

泥染の大島紬に、今現在らくやにて開催中の「つぶつぶ・ぽちぽち 楽しい帯」の名古屋帯で

きもの好きの方が見ると「あら!洒落てるわね〜!」と褒められる事間違い無しなお洒落スタイル。

 

礼装の方は裾にしか柄の無い、モダンな新しいスタイルの訪問着で、

石田節子のオリジナルデザイン、某CMにて女優さんがお召しになってきた

数々の着物を染めた 東京友禅作家の中町明さんに染めてもらったもの。

他の方が絶対に着ていない素敵な装いになります。

 

 

今回の無料講座はお二人のモデルで実践いたしましたが、髪質、長さは人それぞれ。

今回の講習ではお伝えしきれなかったテクニックを

それぞれの方にマスターしていただくためにらくやでは新たにヘアーセット講座を開講いたします。

img_9155

自分で綺麗に簡単ヘアーセット
ちょっとお出かけ、友達とお食事、お買い物、観劇…
美容室でヘアーセットはお金も時間もかかる…
自分で綺麗に簡単ヘアーセット出来たら、
自分でやっても上手く出来ない…おくれ毛が…
いつもひっつめにお団子のワンパターンになってしまう…
そんな方達に、綺麗に簡単ヘアーセットのコツをお教えします!
皆さんお一人お一人髪の質、長さ、手の動き、器用不器用…
それぞれ違います、貴方に合ったヘアーセットの仕方、
コツをマスターしましょう!

11月8日〜 チケット制・最低2名様より開講

火曜日 11:00〜13:00・14:00〜16:00
日曜日 15:00〜17:00

1回 2時間:¥3,240×3回コース(自分でヘアーセット出来る迄のカリキュラムを組んでいます)

※ヘアーセットに慣れている方、上達の早い方は、

スタイルアレンジ、作りたいスタイルをマスター出来る、上級者コースをご用意しています。

初回ご参加時は、メモを取る筆記用具だけ。後は手ぶらでお気軽にお越し下さい ヘアーセットに必要な道具は全てご用意しています。

※プロが使っている、ヘアーブラシ、コーム…等 購入する事も出来ます
衛生面を考え、ヘアーブラシ、コーム等はご自分専用の物を揃えることをお勧めします。

楽しく綺麗に簡単ヘアーセットしてお友達と差をつけてお出かけしましょう!
初回ご参加時に「らくやオリジナル手ぬぐい」をプレゼント!

もうすでに本日多数の方にお申込みいただきました!

本日いらっしゃれなかった方も是非お問合せ、お申込をお待ちしております。

今後もみなさまのご要望に合わせて様々な講座を考えておりますのでお楽しみに!

 

 

Share Button
10月 142016
 

昨日放映されました「アウト×デラックス」にご出演された

紺野美沙子様の衣裳スタイリングを斉藤が担当させていただきました。

20160908%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%ef%bd%84%ef%bd%981

板締めの小紋に、オリエンタルな柄の洒落袋。茶系でまとめて秋らしい雰囲気に。

そして・・・「お相撲を愛してやまない」という

アウトなお話の内容に合わせてご用意したのがこちら

20160908%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%ef%bd%84%ef%bd%982jpg

「軍配」と「大入」の帯留です!

こちらは人気の銀線細工ブランド「tomohito matsubara」のもの。

小さいので判る方にだけ気付いてもらえれば・・・と思っていたら

マツコさん、ちゃんと気付いて下さいました(^o^)/ヤッター!

放映でも大写しに矢印まで入れていただいて嬉しいな♥

14718797_995425713917889_1609269618756461834_n

なんだか、来週はカウンターの中で活躍しそうな気配の紺野さん・・・

楽しみですね!

 

お相撲と言えば、国技館がらくやから歩いてでも行ける距離なのですが、

私は未だ生で観戦した事が無くて・・・いつかはと思っていたのですが俄然行ってみたくなりました!

私が高校生の頃は「若貴」フィーバーで、クラスにもお相撲好きな子がいたなぁ

地元出身の「安芸乃島」さんが現役でいらして・・・・

 

そうそう、先日も国技館で新橋の芸者さんがこしらえをして観戦されていたのが

話題になりましたね。

名古屋場所でも、いつもきもの姿が話題になるご婦人がいらっしゃいますね。

着物でお相撲観戦デビューを、来年の目標にします!

 

投稿:斉藤

 

Share Button
10月 132016
 

本日から始まりました「つぶつぶ・ぽちぽち〜楽しい帯〜」

img_8996

着付け教室の先生や生徒さんからも「うわぁ!可愛い」と

楽しげな声が上がっていました。

 

そして、実はつぶつぶ・ぽちぽちだけでなく、ちょっとフォーマル寄りの

洒落袋もございまして・・・

img_8997

蛍光灯の影響か銀色に写っていますが、シャンパンゴールドの地に、

箔を依って織り込んだ袋帯。周りと差の付く着こなしに。

帯留が映える事間違い無しですので、

どれにしようか迷うのも楽しい悩みになりそうです。

 

 

img_9001

こちらは白と銀の洒落袋。

ぽちぽちしてますが、つぶつぶも小さく上品で、

存在感は有るのに、合わせるきものを引立てる優秀帯。

スッキリまとめて洋服感覚の着こなしも素敵ですし、

華やかな染めのきものに合わせての引き締め役にもうってつけです。

 

そして「ありきたりじゃないけど奇をてらっていない角帯が欲しい・・・・」とお悩みの方。

こちらはいかがでしょうか?

img_9004

上の生成り〜ベージュは夏物、単衣向け。

下の深緑変わり織は袷向け。

軽くて〆心地がとても良くおススメですとの事。

奇抜ではなく判る人には判る男着物のお洒落が楽しめますよ!

 

帯だけでなく、洒落た小紋や付け下げ等も揃えております。

どうぞ、実際に手に取って、その魅力をご堪能くださいませ。

Share Button

小さい秋♪

 ショップ  コメントは受け付けていません。
10月 102016
 

今日の人形町は涼しいと言うより肌寒いくらいでした。

寒露とはよく言ったもので、最近は気候が不順と言われますが、

ちゃんと季節は巡ってくるものですね。

らくやでも小さな秋を見つけました。

 

写真を撮ろうとしていると、ちょうど10/13(木)より始まる

つぶつぶ・ぽちぽち・楽しい帯」の先行部隊が到着。

せっかくなので、帯の上に乗せて写真を撮ってみました。

img_8920

おそらく工房さんの小物達。

象牙に銀で銀杏が象眼された帯留。珊瑚がポイントに。

栗の渋皮煮の様な色合い。鼈甲の帯留。

帯の柄を叢雲に。十三夜の月に見立てて琥珀の帯留。

可愛いどんぐりの根付け。

この他にも紅葉を象ったものなど色々とお目見えしております。

 

明日までの「半衿いろいろ」にも、秋におススメな色柄が。

季節を取り入れて着物のお洒落を楽しみましょう!

つぶつぶ・ぽちぽち帯も先行してごらんいただけますよ^ ^

Share Button

顔周りとチラリズムのお洒落

 ショップ  コメントは受け付けていません。
10月 092016
 

「あ!あの柄・・・すでに全色無い!」とか

「う!密かに狙ってた・・・あの、半衿・・・お嫁に行っちゃった。嬉しいけど・・・」

と、スタッフもそわそわ、好評開催中の「半衿いろいろ」

img_8913

↑こちらは白の無地半衿から、ちょっとだけチャレンジしてみたい方におすすめな

白地に地紋や、優しい色で刺繍がされたもの。小紋でも紬でも。

 

img_8910

↑こちらは遊び心のあるタイプ。達磨さんと豆。

これからの季節、達磨さんはお正月に。豆は節分などいかがでしょう?

しかも、こちら2枚ともポリエステルですので、お気軽にご自宅で洗えます。

 

 

img_8903

↑こちらは染めの半衿。

更紗柄や紅型風のものは個性的に。

スッキリ無地感の紬に合わせて衿を主役にしたり、大きめな絣や縞の着物に合わせてとことん民藝調にしてみたり。

丸の柄は、矢羽根柄の着物や帯に合わせても面白いですね。

 

img_8915img_8916

↑全て紹介しきれないほどの半衿達!

ポップなものから、しっとり情緒的なもの。普段着用から豪華な振袖用まで。

色、柄さまざまですので、是非、実際に手に取ってご覧下さいませ。

 

そして、顔周りのお洒落「半衿」を縫い付けるのは・・・「襦袢」と言う事で、

石田も大好きなチラリズムのお洒落も楽しみたいですよね!

img_8907

↑黒地に白い乱菊が大胆に染められた襦袢に、

源氏香と菊が優しいベージュ地に同じトーンで刺繍された上品で雅やかな半衿を。

顔周りはシックに、振りや袖口からちらりと見えるところは艶やかに。

 

img_8908

↑大きめの描き疋田が色によって上品にも大胆ポップにも。

深い色の地に吹き寄せが刺繍された半衿で、晩秋のお出かけに。

 

 

img_8904

↑こちらは猫好きにはたまらない?国芳の浮世絵を写した洒落たもの。

羽裏にしても楽しいですね。

 

img_8914

こちらも様々取り揃えております。

お洒落を楽しみましょう(^o^)/”

 

 

Share Button