9月 302016
 

はっきりしない天候が続いておりますが、

たくさんのお客様に足をお運びいただいております、

「秋月洋子のきものとこもの〜れん〜」も、

明日、明後日の土日、二日を残すところとなりました。

秋月さんは週末の二日間在店の予定です。

img_8584

 

もう、10月ですね・・・・

そろそろ肌寒くもなってきました。

羽織モノ・スタッフの一押しコーディネート

曲線的な唐草柄が織り出された着尺に

キリリとした縞の羽裏

img_8585 img_8586

色味が違うと、イメージがガラリと変わります。

「羽織も素敵だけど、コートにお仕立てがおススメ」とスタッフ

 

さて、土日ともに在店予定の秋月さんですが

恒例になりました来年1月「かねまつホール」での

イベントの作品作りの為「小林染工房」の小林さんと

打ち合わせをしているところをパチリ。

image1 image2

今回も、どんなに素敵な着物が出来上がるのか、

楽しみ!!ですね。実はスタッフが一番楽しみにしているのです・・(*^.^*)

Share Button
9月 272016
 

台風が続いた9月も最終週。まだまだ蒸し暑く感じるらくや周辺ですが空の色は少しずつ秋めいてきました。

秋といえば学びの秋!

本日は衣裳らくや着付け教室から体験レッスンのご案内です。

衣裳らくや着付け教室では体験レッスン90分1回3,000円(税別)のところ1,000円(税別)キャンペーン実施中!

肌に身に着ける足袋と肌着以外はお貸出しいたします。

『補正をしない!ヒモが少ない!器具は使わない!』石田節子流『かんたん・らくちん』な着付けを体験してみませんか?

お申込はご希望日の2日前まで。

お電話 着付け教室03-5623-9032(11時~19時 水曜定休)

またはお問合せフォームからお願いいたします。

 

Share Button
9月 242016
 

不安定な天候が続いておりますがみなさまいかがお過ごしですか?

そんな中、本日第10回石田節子無料講座を開催。たくさんのお客様にお越しいただきました。

本日は特別編!石田の一番弟子、秋月洋子さんをお迎えして豪華な師弟対談!

img_8269

秋月さんプロデュースの『れん』の商品や、らくやレンタルのアイテムでテーマごとに素敵にコーディネート。古典的でありながら現代に溶け込む秋月さんらしいコーディネートは私たちの日常に取り入れやすくとっても勉強になりました。二人のトークも息がぴったり!

img_1091_2

七五三のお母様の装い

お母様は格調高い鶴亀柄のモチーフでありながらモダンにアレンジされたらくやオリジナルの訪問着。あくまでもお子様が主役の七五三で品良く華を添えられ洋装のお父様が並んでもお似合いなコーディネートです。

img_1089_2

結婚式のコーディネート

墨黒地十日町友禅のシックな中も華やかさのある訪問着に乱菊の帯で季節感を。格の高いホテルウェディングなどにもおすすめ。

上の二点のお着物はらくやレンタルでお取り扱いしております。ここぞ!というハレの日には季節やTPOに合わせて、ちょっと冒険していつもと違う自分を演出してみたいですよね。そんなときには是非らくやレンタルのページを覗いてみて下さい。みなさまの特別な1日に彩りを添える素敵なお着物をご用意してスタッフ一同お待ちしております!

 

 

img_1082_2

記念パーティーでの装い

シンプルな付け下げで洋服のお客様のなかにも自然に溶け込むコーディネート。とあるドラマで某女優さんがお召しになったコーディネートなのでご覧になった方もいらっしゃるかも?

 

img_1098_2

秋月洋子さんのブランド『れん』の由来は熟練の『れん』洗練の『れん』。職人の方の熟練の技と秋月さんの洗練されたセンスがギュッとつまったきものと小物達。いままでのご自身のコーディネートに新鮮な風を吹き込んでくれること請け合いです!プロデュースされた秋月さんをはじめ、携わった方々の心意気が感じられる、スタッフもびっくりの価格設定!らくやスタッフも自信をもっておすすめいたします!

秋月洋子さんは明日9/25(日)と10/1(土)10/2(日)らくやにいらっしゃいます。秋月さんに直接コーディネートを指南していただける絶好の機会。みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

 

 

Share Button
9月 202016
 

image1

飛行機が離陸した空港に戻ったとか、バスが出ない・・・など

SNSを見ていると様々な声が上がっていた今日ですが

皆様、大丈夫でしたでしょうか?

 

らくやでは明日の定休日明けから

「秋月洋子のきものとこもの〜れん〜」が始まります。

本日、諸々の打ち合わせでらくやに来社した秋月さん

image5 image7 image6

 

自らラインナップチェック中!

 

image4 image9 image3 image2

素敵な、色、柄の新作が初お目見え!です。

1アイテム加えるだけで、今年な装いになりますよ!

image8

さらに、9月24日の無料講習会の下準備も・・・・

楽しみですねぇ〜

Share Button
9月 182016
 

世の中はシルバーウィーク中。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

ちょっと天候が心配な地域もありますが、

飛び石のお休み、思いきって大型連休にされた方もいらっしゃるのでは?

 

らくやで本日までの予定で開催しております「京の絞り〜様々〜」ですが、

明日・敬老の日、15:00まで延長いたしまして皆様のお越しをお待ちしております!

img_7981

細かい市松。

色合いと言い、絞りの 風合いと言い、お好きな方にはたまらない逸品です。

 

img_7980

大胆に配された雪輪柄。

上品な色合いですので、お洒落着におススメです。

羽織にしても、様々なきものに合わせ易いかと思います。

 

img_7979

一瞬「絞り?」と思ってしまうこちらは

img_7978

板締め絞りとなっております。

ちょっと個性的に装いたい方におすすめです。

 

やっぱり気になる!な方、チャンスですよ(^o^)/”

Share Button
9月 152016
 

東京は、ちょっとハッキリしない天気が続いておりますが、

暑さも緩んで、幾分か過ごし易くなってきたな・・・と感じます。

img_7920

2F店舗奥を覗くと、石田の連載ページにて掲載されました

富岡紋織りに手描きで翁格子が染められた小紋に

らくやのオリジナル柄、石田が色指定をして

富岡こがねを藤井絞りさんで絞っていただいたオリジナル帯が・・・

今回の「京の絞り〜様々〜」に合わせて

帯揚げ、帯締めも全て石田がスタイリング。

とても粋だけれども、愛嬌もあるコーディネートです。

是非とも実際にご覧になってくださいね!

 

img_7922

衣桁にかかっていた絞りの訪問着。

瑠璃色にキリリとした柄が絞られていて

艶やかで凛とした魅力です。

先日、白髪のお客様が羽織られていましたが

思わず「奇麗!!」と声を上げてしまいました。

 

さて、お隣のレンタルルームでは・・・・

img_7924

可愛い!「おはりばこ」さんのつまみ簪がずらり。

img_7925

七五三の髪飾りをお探しの方、いかがでしょうか?

留め具がパッチン留めだったり、挟むだけの金具が付いていて

ショートヘアやボブヘアのお嬢さんでもピッと付けられるモノも。

あしらいのちんころや、ROSESORさんの一本から買えるUピンなど

img_7926

可愛くお洒落にキメて下さいね!

大きめのものは成人式のお嬢さんにもお使いいただけますよ(^o^)/”

Share Button

石田節子の無料講座 絞りの装い

 石田節子流着付け教室  コメントは受け付けていません。
9月 132016
 

第九回を数える石田による無料特別講座、本日雨の中たくさんのお客様にご参加いただきました。

今回は石田が大好きな絞りのきもの、帯、羽織のコーディネートを披露。

img_7839

 

 

着付けている襦袢、着物、帯などについての解説をしつつ

補正をしない、紐などの着付け小物も最小限しか使わない

石田節子流らくちん着付けもデモンストレーション。

img_7867

ずらりと並んだ絞り〜ず。

「どれが着たいですか〜?」と、石田の問いかけに皆様が挙手。

さて、いちばん人気はどれだったでしょう?

それぞれのコーディネートのポイントなどと共に後日アップさせていただきますね。

 

絞りと言えばひきつづき18日まで開催中の「今日の絞り〜様々〜」

ニューフェイスが登場です。

img_7813 img_7814

垣に小梅が細かく絞られた、これぞはんなりな可愛らしい小紋。

若いお嬢さんが鶸色の帯なんかを合わせてお召しいただいたら

本当におぼこい♥でしょうね。

振袖 黒地 疋田絞りに松と梅の刺繍

こちらは、らくやレンタルで扱っている藤井絞り謹製のお振袖。

「これだけの振袖をレンタル出来るところは無いですよ!びっくりしました!」

とは先日、トークショーで活躍いただいた藤井社長の弁。

img_7817 img_7820

 

生地からこだわった素敵な反物がずらり。

 

img_7818

まだ、ご紹介していなかった愛らしい帯。

どんぐりコロコロどんぐりこ。

 

Share Button
9月 102016
 

朝、家を出たら日差しは強いけれど吹く風が涼しく

「秋らしくなってきたな♪」なんて思っていましたが、

日が高くなる頃にはまだまだ暑さ厳しい本日、

京都の藤井絞り代表の藤井浩一さんによるトークショーを開催いたしました。

img_7778

今や藤井絞さんの看板商品となった板締めの「雪花絞り」

もともと有松で浴衣を染めるのに使われていた技法で、

昔から有るものですが十数年前に藤井さんが「これは良い!」と

取り扱いラインナップに加えて、その数年後に人気着物雑誌の表紙になったり、

人気女優さんがとあるCMで着用し人気爆発!

それまで「なんや、おしめみたいな柄やな〜こんなんウチのウィンドウには飾られんわ」

と言っていたお店が「あん時は・・・」と頭を下げて仕入れに来た

なんて話も面白おかしくお客様からも笑がおこります。

今では、その技術を絹に応用して着尺や襦袢も板締めで染めておられます。

写真で手にしているのが着尺で、男性でも着られる様な色目のモノも人気だとか。

 

img_7783

世界各地に絞りの技術は有りますが、

日本の絞りは正倉院の宝物にも残る夾纈(きょうけチ)纐纈(こうけち)など

奈良時代にはかなりの進化を遂げた様です。

桃山時代の辻が花、江戸時代の鹿の子など、その時代を代表する絞りが生まれ

幻となったり、受け継がれたり・・・復活したり、危機に瀕したり・・・・

今に伝わっていても、出来る職人さんが居なくなればその技術は途絶えてしまう・・・

それは絞りに限らず、伝統産業の話には必ず出てくる問題ですが、

職人さん達が食べて行ける様に、私たちも出来る事から・・・と

純国産らくやオリジナルブランド「富岡こがね」で

藤井絞りさんとコラボレーション。オリジナルの柄で絞っていただきました!

img_7788

こちらの柄を絞るのも、様々な絞りの技術を駆使し、何工程も経ているんです!

詳しいお話はどうぞ、実物を見ながらお聞き下さいね。

 

img_7791

そして、小紋と絵羽柄の、ちょっとした秘密のお話など・・・

 

「素敵ねぇ・・・」という感嘆と笑い声の絶えない楽しい時間が過ぎて

img_7795img_7797

また、個別に皆様の様々な質問にお応えいただきました〜

藤井浩一さんは、明日9/11(日)までの滞在となります。

是非、足をお運びくださいませ。

 

Share Button
9月 102016
 

9月9日(金)午後11時からEテレにて放映されました「にっぽんの芸能」にて

ご出演されました紺野美沙子様の衣裳を斉藤がスタイリングさせていただきました。

20160831%ef%bd%8e%ef%bd%88%ef%bd%8b%e3%81%ab%e3%81%a3%e3%81%bb%e3%82%9a%e3%82%93%e3%81%ae%e8%8a%b8%e8%83%bd%ef%bc%88%e5%92%8c%e8%a3%85%ef%bc%89

藤色の単衣は蛍暈しが綿帽子や雪の様で、

朗読された夕鶴の季節感を表わせたら・・・と

スタイリングさせていただきました。

 

朗読と二十五絃筝の演奏がとても素晴らしく、

思わず引き込まれてしまいました!

9月12日(月)午後0時に再放送がございますので

見逃した方は是非!

http://www4.nhk.or.jp/nippongeinou/281/

Share Button

様々な絞り

 イベント情報、ショップ、ギャラリー, ショップ  コメントは受け付けていません。
9月 092016
 

今日から始まりました「京の絞り〜様々〜」

これからの季節に向けてちょっと秋っぽい雰囲気の反物をご紹介します。

img_7756

鈍い紫色地にワイン色の菊の葉が大胆に散らされた反物。

羽織りモノにおススメ。

明るい色目でも濃い目でもどちらの着物でも合わせ易い一枚なこと間違い無しです。

 

img_7752

そんな羽織りモノ向きの反物で、今回、特別企画の限定特価なコーナーが・・・

これはチャンス!

img_7750

あら!こちらは帯・・・

きっと、お手持ちの着物がガラリと違う表情になること請け合いです。

 

絞りは手作業の暖かみと、こなれたお洒落感が感じられて

本当に紬との相性ばっちりです。

 

藤井絞りさんの展示会は、この度のらくやが今秋初だそう!

img_7760

こちらは、資料でお持ちいただいている袱紗のアップ。

江戸末期か明治時代の手のモノだそうで、

縮緬をこれだけ細かく絞るなんて・・・本当に昔の職人さんってすごいですね。

 

明日は雨の心配も無さそうです。

14:00より、藤井浩一さんのトークショーもございますので、

職人技を実際にお手に取ってご覧に是非、足をお運びくださいませ!

お待ちしております。

Share Button