9月 292015
 

newservice

『もっともっと着物を好きになる』

 

みなさまにそんな機会や出会いをご提供できるよう、

衣裳らくやでは新たなキャンペーンを始めます! :-D

 

 

普段着きもの無料着付けサービス

紬・小紋など普段着きものに限り、

いつでも無料でお着付けさせていただきます。

新調されたきものはもちろん、

たんすの中で眠っているもの、ご家族やご友人などから譲っていただいたものなど

着物をお持ちの方は、ぜひご利用ください。

『かんたん・らくちん』で長時間着ていても疲れないらくや流の着付けなら

お食事や街歩きも十分楽しんでいただけます。

季節の決まりごとやコーディネートに自信がない方でもご安心ください!

お出かけ先やお好みに合わせてアドバイスさせていただきます。 ;-)

※2日前までのご予約が必要となります。

※無料着付けは営業時間内に限ります。

※ご参列・お宮参り・卒入学式等、正式な席でご着用される場合の訪問着などの
お着付けに関しては有料となりますのであらかじめご了承ください。

※着付け小物、肌着、足袋はらくやでご購入していただくことも可能です。

 

 

 

そしてさらに…

着付け無料の紬・小紋のレンタル登場

 

きものスタイリスト石田節子の店・衣裳らくやならではのコーディネートで、

紬・小紋などの洒落ものを素敵に着こなしていただくレンタルを開始いたします。

事前の準備や着用後のお手入れの手間が省ける一式レンタルは手軽さNO.1!

きものビギナーの方にも、きもの愛用者の方にもおすすめです。

 

ご友人同士のランチ会に…

josikai

 

歌舞伎鑑賞に…

kabuki

 

ちょっとした街歩きにも…

lunch

紬や小紋などの洒落ものは、礼装用のきものに比べて

コーディネート次第でいかようにも変わってしまうもの。

らくや流コーディネートで作る『褒められスタイル』を存分にお楽しみください!

 

一式レンタル価格 ¥10,000~ (税別)

 

【お持物】
和装用肌着・足袋のみご用意ください。(らくやでご購入も可能です)

※2日前までのご予約が必要となります。

※セット内容:着物、帯、帯揚げ×、帯締め、襦袢、履物、
       着付け小物一式、当日の着付け

※事前の下見も可能です。

※レンタル期間は1泊2日となります。
ご返却は郵送でも可能です。

 

 

【キャンペーン期間】

2015年10月1日(木)~2015年12月27日(日)

 

 

お申込み・お問合せ

衣裳らくや 石田節子流着付け教室 03-5623-9032

 

IMG_0315

 

 

Share Button
9月 282015
 

今宵はスーパームーン

昔の人はきっと今夜はいつもの満月より明るいな!とか大きいな!とか

きっと今よりも敏感に感じていたんでしょうね。

 

さて、そろそろお手元に来月、10月のお知らせが届く頃かと思います

10月3日(土)〜8日(木)まで開催するのは

富岡紋織 色無地オーダー会

みなさんご存知(のはず?)のらくやオリジナルブランド「富岡紋織」

群馬県富岡市で育ったお蚕の繭100%で作った純国産。

フォーマルにもカジュアルにも

幅広いシーンでご着用いただけます。

新柄も加わりさらに今回は新しい色見本も加わります。

ぜひ「ご自分の色」を見つけにいらしてください。 :-D

iromihon

 

柄八掛で遊びたい!という方のために八掛見本を豊富にご用意しています。

どれにしようかな…と悩むのも楽しいですよね。

紋を入れたい!という方のために、紋のサンプルなんかもご用意しています。

hakkakemonmihon

10月6日(火)には特別アドバイザーとして

富岡紋織の織元で、伝統工芸士の泉太郎さんをお招きしています。

糸のこと、染や織りの事など深いお話をじっくりと聞いていただけますように

秋のお菓子とお茶をご用意しておまちしています。

期間中は特別オーダー特典もありますので、期間中がチャンスです。

 

 

 

そして、10月9日(金)〜18日(日)までは

大島紬いまむかし

と題しまして、紬のふくはら(三代目・福原豊さん)の

大島紬が集合します。

oshima_D oshima_A oshima_B

 

10月10日(土)14:00〜はトークショー。

テーマは「100年前の大島紬と絣の話」

店主・石田との対談も2回目となる福原豊さん。

今回は100年前に織られた反物の実物を見せていただきながら

「〜マルキ」などの絣についての話を中心に語っていただきます。

 

11998099_748058331986974_209971555_n

 

さて、今回のプロフィール写真は大好きなお酒を手にしています

奄美のおいしいお酒の話まで聞けちゃうのでしょうか?

ご期待ください。

トークショーは、参加費無料となっています

大島紬の基本を聞きにぜひともおいでくださいね

 

トークショーのご予約

03-5623-9030 またはお店のスタッフまで

 

 

 

Share Button

中秋の名月

 人形町あれこれ, 婚礼衣裳きものレンタル  コメントは受け付けていません。
9月 272015
 

今夜は十五夜

IMG_0595

銀座あけぼのさんには便利な月見だんごセット(あんこ付)がありまして

なんと箱がそのまま台になります。

せっかくなので感謝の気持ちを込めてお供えしてみました。

次に月見だんごをお供えするのは10月25日の十三夜。

お団子の置き方なども十五夜と十三夜では違うらしく

ちゃんと説明してあるのでかんたん!

ぜひお試しあれ。

 

十五夜とは秋の収穫を喜び感謝する祭りで

必ずしも満月とは限らないそう。

明日は満月でさらに月が地球に最接近するスーパームーン。

通常より月は30%明るさを増し、大きさも14%アップするんだそうですよ。 :roll:

今日、明日は月見日和ってことですね!

更に欧米やアフリカなど海外では皆既月食も

同時にやってくるビッグチャンスとあってざわついているようです。

スーパームーンと皆既月食が同時に起きるのは33年ぶりのことなんだそうですよ〜。 :-D

 

ということで

今日はレンタルの石田節子オリジナル訪問着「雪芝にうさぎ」

月の満ち欠けがモチーフになった袋帯を合わせてみました。

IMG_0593

 

さてさて今夜はお月様、ちゃんと顔を出してくれるかな???

Share Button

秋の新作ご紹介

 ショップ, 新入荷  コメントは受け付けていません。
9月 262015
 

らくやにも秋らしい色味や風合いのものが続々と登場しています。

ほんの少しですがご紹介 :roll:

IMG_0554

IMG_0558

ベージュと茶の横段暈しが秋らしい

手つむぎの真綿を使った紬です

 

帯は栗と藍で染めた丹波布

IMG_0557

ざっくりとした風合と素朴な美しさから、民藝運動を起こした思想家の柳宗悦柳宗理のお父さん)に

「静かな渋い布」と称されて愛されたと言われています。

昨日、倉渕紬などで織りを担当してくださっている花田啓子さんから

栗の渋皮煮をいただいて、スタッフ皆でおいしくいただいたばっかりだったのですが

(啓子さん、ごちそうさまでした♡)

そんな秋の味覚、栗をつかった帯だなんてステキですよね

 

P1030405
深い青が綺麗なアクセントになる三分紐に

秋らしくトンボのモチーフの帯留めを合わせて。

女性らしくしっとりとした雰囲気も。

 

秋らしいと言えば。。。

羽織りものが店頭に並びはじめました。

入荷ほやほやです。

 

IMG_0545

IMG_0547IMG_0546

コートにおすすめな輪奈ビロードも。

軽くて着心地も良く皺になりにくいそうです。

 

そして、桐生絞りも。

落ち着いた色調で秋を感じます。

IMG_0549IMG_0547

 

ぜひ今週末は秋を探しにいらしてください。

 

Share Button
9月 252015
 

暖かな陽気に包まれた連休が過ぎた途端、

雨空とともに一気に十一月なみの気温となっておりますが

みなさま暖かくしてお過ごしでしょうか :cry:

寒くなってくると、暖かい部屋でせっせと作り物をするのもたのしい季節ですよね。

 

本日はそんな季節にぴったりの

衣裳らくやの和裁講座のご紹介をしたいと思います。 ;-)

こちらが講師の加藤恭子(やすこ)先生。

数々の女優さんの衣裳作成なども手掛ける和裁士で、

NHKカルチャー青山教室でも講座を受け持っております。

IMG_9085

らくや和裁講座は、基本の縫い方などを練習したあと、

浴衣や襦袢などご自身で自由に選んでいただいた課題ですすめていく講座です。

ちょうど本日は和裁講座が行われているので

授業の様子をすこしのぞかせていただきました :roll:

 

こちらの生徒さんはただいまご自分用の夏物を縫っていらっしゃるところ。

『運針もきれいなので、手元のアップの写真でもバッチリよ!』と、加藤先生のお墨付き。
P1030583

もともとは、お知り合いから譲り受けた裄丈の合わないものなどを

自分で直して着たいな…と思ったのが和裁に興味を持ったきっかけだそうです。 :roll:

 

以来約3年の受講歴で、

襦袢を4枚、着物を3枚ほど仕立てあげているんだそう!! スゴい! 8-O

自分で丹精込めて縫った着物や襦袢には

ひときわ愛着も湧きそうですよね :oops:

 

らくや和裁講座では教科書やテキストを使用せず、

自由に目的のものを縫えるなかで

さらにプロの仕立てのコツポイントを学んでいただけます。

 

受講料は一回 2時間 ¥3,000(税抜)で、入会金・年会費などは無料です。

お申込みは三か月単位で、

毎週金曜日14時~16時の月に4回・全12回のクラスと、

毎月第一日曜日14時~16時の月1回・全3回のクラスをお選びいただけます。

 

ご自分のペースに合わせて進んでいくので

初心者の方でも安心してじっくり学べる和裁講座。

秋の夜長に始めるお稽古には最適ですね!

ご興味のある方はお電話または店頭にてお気軽にお問合せください :-)

 

 

そして、もうひとつのお知らせは‥

『きものでウクレレの会』

 

月に一度のレッスンですが、今後の予定は

・9/27(日) 14時~

・10/11(日) 14時~

・11/22(日) 14時~

となっております。

(参加費:¥3,000)

こちらは先月のフリーライブ時の一コマ。

ウクレレ講師の今井先生、フラのダンサーのお二人と店主の石田です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはレッスン後。

今井先生とアシスタントの池田さんと★

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先月のらくやフリーライブも記憶に新しいですが、

レギュラーのレッスンも回を重ねるごとに人気が高まっております。

初心者の方でももちろん大丈夫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
MYウクレレをお持ちの方はぜひご持参ください。

お持ちでない方には無料でお貸出しもしております。

 

 

本日ご紹介した和裁講座・ウクレレの会へのご連絡は下記まで

お申込み・お問合せ
衣裳らくや 着付け教室事務局
03-5623-9032

 

お気軽にご参加ください :-)

 

Share Button
9月 242015
 

すっかり秋です。

もっとたくさんの方に着物を楽しんでいただきたい! :-D

10月某日より新しいサービス開始の予定

その告知に向けて、今日は人形町〜浜町界隈でスナップ撮影に

行ってきました。

IMG_0292

 

せっかくなので、

小径に佇む昔ながらの料亭よし梅」さんの本店前で記念撮影。

IMG_0285

IMG_0269

よし梅さんは以前

石田の著書「石田節子の着まわしと着付けの鉄則」のロケ地として

お世話になりましたが

やはり、ぜひ着物で行きたいお店です。

小径を進むと「よし梅 芳町亭」という文化財に指定された建物で

料理を楽しめるお店があります。

そちらもぜひ行ってみたいですね。

 

 

明治座の前や、銀杏並木

夏に浜町にオープンした産地直送の新鮮野菜にこだわる

ビストロ エレナ」さんなどをまわって

いろいろ撮影してきました。

ひきつづきオフショットをちらり。

IMG_0346IMG_0457IMG_0361

 

さて、どんなサービスがはじまるのか…

気になりますよね!!!

 

近々DMを希望されている方のお手元に届く予定です。

ホームページやブログでも

準備でき次第アップしますので

どうか楽しみにおまちくださいね。 ;-)

Share Button

小さい秋をみつけました

 あれやこれや, 人形町あれこれ  コメントは受け付けていません。
9月 222015
 

秋ですね。

って、まだまだ夏のような暑さですが

高くなった空、すがすがしい空気と日差しはすっかり秋色。 :roll:

今日のブログはちょっと箸休め的な感じにしてみました。

 

 

スタイリストS藤から情報をゲットしまして

ちょっとらくや周辺をぶらっとしてきました。

目的はこれ。

IMG_0171IMG_0167

です。

らくやの前の緑道の柿の木に実がつきました。

IMG_0166

柿という名の由来は、「赤木」からきたという説があり、

果実や紅葉したときの葉が、鮮やかな赤をしていることからつけられたといわれています。

これからどんどん色づいていくのが楽しみです。 :oops:

 

そして

お次はこちら。

明治座と水天宮(仮宮)の間の銀杏並木にも

秋の気配が :roll:

IMG_0178IMG_0179

銀杏です。

まだほんの少しだけでしたが

銀杏の実がつきつつあります。

 

銀杏のことを考えるとビールが飲みたくなっちゃいますね。

でも食べ過ぎは厳禁!

 

イチョウは古代植物の一つで1億5千万年以上昔の中生代・ジュラ期の頃に

いろんな種類があったそうですが、その後氷河期にほぼ絶滅

中国中部地域で1種類だけ生き残ったのが今、世界中にある皆さんのご存知なイチョウ。

太古の植物形態や性質を今も残し「生きた化石」と呼ばれている珍しい植物

オス♂メス♀があるんですよね!

銀杏並木があるけれど銀杏の実落ちてるの見た事ないなぁ

あそこの銀杏並木はにおわないなぁ…なんていうのは

オスしかいないのかもしれませんね。

 

 

 

さらに、銀杏並木の入り口には

こんな実が付きはじめていました。

マルメロ?ボケ?一体なんの実でしょうか?

わかる方いたらぜひ情報をご提供ください。

IMG_0175

実物をご覧になりたい方へ

場所は小便小僧くんの横です。

IMG_0174

S藤曰く「仏手柑」の質感に似ているって書いとくといいかもね

だそうです。

ますます謎の果実となってきました。

 

 

お店の横の街路樹のしたに咲くこちらのお花は

「花虎の尾」と言うそうです。

明治時代に海外からやってきたお花だそうです。

IMG_0181

 

そして、人形町界隈の某所に咲くこちらのお花(通称:たこさんウインナー)

何の花かご存知ですか?

IMG_0187

IMG_0185

正解はザクロ

ザクロの花が散った様は、本当に

小さいタコさんウインナーがいっぱい落ちているような

不思議な光景なんだそう。(こちらからどうぞ)

 

 

確か萩も生息していたはず…

これから少しずつ甘酒横丁で秋を見つけていきたいと思います。

Share Button
9月 212015
 

IMG_0081紅型の工程 豆腐

紅型の型紙を彫る時に下敷きにするこの茶色い物体。

これが何から作られているか、みなさんご存知ですか???

大好きなゴーヤチャンプルーなどに入っているアレだったなんて…

詳しく聞きたい方はぜひ石垣さんの実演を見にいらしてくださいね。

 

ということで大好評いただいている

「琉球の布展」はとうとう明日までとなってしまいした。 :cry:

今日は紅型の制作にかかわる道具についてちょっとご紹介いたします。

IMG_0034

IMG_0028

紅型の工程

彫り上がった型紙を使い防染し模様を染織していきます

「色差し」というそうです。

詳しくは割愛しますが(だって、石垣さんから直接聞いた方が面白いんですもん!)

刷り込んでいく作業に使う2本の刷毛は刷り込み刷リ毛というそうで ↓

IMG_0062

この「毛」は何だと思いますか?

これは「人毛」で15歳以下の女の子の髪の毛なんだそうですよ。 8-O

大人のハリコシのしっかりした丈夫な髪の毛はまた別のサイズの刷リ毛で使用するそうです。

 

そして、糊を落とし

次は地色を染めるために、先に染めた柄の部分を糊で伏せます。

IMG_0064

その時に使うのはこちらの「筒袋」

IMG_0078

筒袋の先についている金属。これはさて、何でしょう?

戦前は竹で作っていたそうですが…

戦争で道具、材料、資料などがすべて消失してしまい

紅型製作に必要な道具、型紙用の紙、染色に必要な生地などは入手困難となってしまったそう。

生きていくのが精一杯だったはずなのに

「なんとしても復興を!!」と廃物を工夫でうまく利用しなんとか復興することができたんだそうです。 :-?

この金属もそのうちの一つ。ある廃材?を利用して使っています。

 

 

話は戻りますが

地染めをし、糊を落としたら完成です。鮮やか!

柄の部分の糊伏せはさきほどの筒袋を使ってすべて手作業だそうです。

少しでもはみ出すと白い部分が残ってしまうので

ぴっちりと伏せていかなければなりません。

ちょっと気が遠くなりそうな大変な作業です。

肩こりどころではないですよね。 :-|

IMG_0067

 

ちなみにこちらは紅型で使用する赤を作るための染料「コチニール」

IMG_0080

サボテンに住みつく介殻虫のメスのお尻の部分を乾燥させたものだそうです。。。 8-O

そしてこちらはコチニールの赤い色素をふんだんに使用した1枚。

IMG_0090

 

「たくさんしゃべりすぎちゃった〜」と何度ものどを潤す

石垣さんの話はとってもおもしろくて勉強になるので

みなさんかなり聞き入っています。

ぜひそんなお話を聞きにいらしてくださいね。 :-D

 

 

こちらも貴重な喜如加の芭蕉布

写真の方は、戦争で途絶えた芭蕉布の技法の復興に力をつくし、

その普及に努めてきた人間国宝・平良敏子さん。なんと1920年生まれ!

IMG_0026

戦前まで沖縄各地で織られていた芭蕉布も、その産地は今や喜如嘉だけになってまいました

 

芭蕉布は、材料のすべてが沖縄の自然にあるものからつくり出され、機械も一切使わないんだそうです。 :roll:

IMG_0094

天然染料による染めの味わい深い風合

ぜひご覧戴きたいです!

 

芭蕉布のお話はもちろん

ステキな着物や帯もたくさん掲載された

資料の本も自由にご覧戴けます ;-)

IMG_0091

 

 

 

そして!! 隠れた人気企画

琉装体験も明日まで!

旅行へ行くと必ずある穴から顔を出す看板のようなつもりで

お気軽にお楽しみください。

IMG_0051

ということで、明日が最終日の「琉球の布展」

ぜひお越し下さいね!

Share Button

レンタルの新作続々パート2

 婚礼衣裳きものレンタル  コメントは受け付けていません。
9月 202015
 

いらっしゃいませ!!

P1030563

レンタルフロア(3F)でお客さまをお出迎えしているのは

蝋たたき染めにカラーが描かれた訪問着

大人の女性らしさ満載な1枚です。

洋花が描かれているのでクリスマスなどのパーティーにもぴったりです。 :oops:

 

 

先日ご紹介した他にも続々と新商品が入ってきています。 :roll:

 

まずこちらは吉祥文様の桐と秋にぴったりな萩が描かれ

落ち着いた色合いの1枚です。

主賓で参列される時やパーティーなどにいかがでしょうか。

P1030567P1030568

 

 

淡いピンク地にシルバーの観世水が施されたこちらの付け下げは

控えめで涼しげな1枚です。

P1030569P1030570

能など観劇にいかがでしょうか;-)

「観世水」は水の流れを描いた文様で

「流れる水は腐らず」という意味も込められているんだそう。

常に新しく変わりながらその姿をとどめている川の水は、

止まることのない永遠をあらわす縁起の良い文様です。

創立記念などの式典同窓会などにも良いかもしれませんね!

 

 

 

 

紫の暈しに唐華の刺繍が施された訪問着は

パーティーにぴったりな1枚です。

上前と下前で色が違うのでシンプルながら個性的な装いです。 :-D

P1030574P1030573

 

先日ご紹介させていただいた野ばらの訪問着も

さっそくボディに着せてみました。 ;-)

P1030576

 

まだまだたくさん入荷していますので :roll:

また、改めてご紹介しますね!

Share Button
9月 192015
 

らくや1階の設えが秋の仕様になりました。

DSC_0183

元「くのや」の奥野さん監修

 

上品に輝く本金箔に「秋草」が描かれた、今井俊満さんの作品を月に見立てて。

 

日本神話に登場する神さまで

皇室の祖神、日本民族の総氏神とされている太陽神「天照大神」

その妹は夜をつかさどる月の神さま月読尊(つきよみのみこと)

月読尊が実はお蚕など農耕の神様でもあるんだそう。

というこで、ぐんま200の繭を飾ってみました。

良い紬がいっぱいできますように…

らくやブランドの紬たちが

本当にかわいがってたくさん着てくれる人のところに届きますように…

 

晩秋繭の出荷が10月の頭になるそうです。

またその繭から糸をつむいで倉渕紬富岡紋織

織り上がってきます。

どんな新作が織り上がってくるのか

楽しみにしていてくださいね。

 

IMG_0363IMG_0375

 

ぜひ秋を感じにいらしてくださいね。

 

Share Button