6月 302014
 

中町先生のファンの皆様、お待たせいたしました!2年ぶりに中町明展 開催します!

長年、石田とタッグを組み、シャープやソフトバンクのCMで吉永様の衣裳を作っていただいている東京友禅作家の中町さん。ご自身が海外旅行にいかれた際に受けたインスピレーションを基に着物地や帯地を製作されていて、独特の世界観があります。

2014.6.30 中町展開始 ブログ

今回は写真のような、単衣のシーズンから夏、そして秋の単衣まで4か月通してお召しいただける着物地が新作で登場!反物の右側に水玉のような柄が入っていますが(写真の右下の方)、地紋の七宝繋ぎのような円が光加減で浮き出て見えます(写真左上の方)。合わせた帯は大好評の通年とおして締めていただけるもので、横に波線に出ている糸が銀糸なのでキラッと光り輝きます。

中町さんの作品は、反物の状態でみると、着姿がどうなるんだろうと想像力を掻き立てるものが多く、仕上がってお召し戴くと本当に、絵から飛び出したような美しさがあり、着物と帯にパワーがあります。

ぜひ作品に触れて見て中町ワールドを体感してください!
中町さんは4・5・6(金・土・日)の3日間13時から来場してくださいます。どういう思いで作られたのか、また、CMの舞台裏のお話など聞いてください。背の高い、色黒の気取ったところのない、とっても気さくな方です!個人的に、なんとなく南米の人のイメージです(色黒でノリがいいという意味で…です(笑))

反物も帯も沢山ご用意してお待ちしております!

写真:小紋反物 本体価格280,000円、九寸名古屋帯反物 本体価格180,000円

 

Share Button
6月 292014
 

昨日は梅雨の6月らしく雨ではありましたが

らくやは早朝から気持ちは晴れ晴れと

赤坂氷川神社にて式を挙げられるご夫婦とお二人のお母様のお支度で大にぎわいでした。

 

28a_29140628

雲撮りに檜扇、薬玉など雅なモチーフがあしらわれたこちらの黒振袖。

大胆な色使いと構図が華やかながらもポップさを感じる色使いが

花嫁さまのかわいらしい雰囲気にとてもよくお似合いです。

お色直しでドレスをご着用の後、二次会では

同じ振袖をお引きではなく、おはしょりスタイルでご着用いただきました。

がらっと雰囲気が変わりますね☆ ご新郎さまはタキシード姿に大変身。

↓ ↓ ↓ ↓

140628_1719~0002

 

この度は、おめでとうございます。

お二人の人生最良の門出を 心からお喜び申し上げます!

 

 

Share Button

つまみ細工講座 開催

 石田節子流着付け教室  コメントは受け付けていません。
6月 272014
 

「らくや和のお稽古」大人気の桜居せい子先生の
つまみ細工講座が7月も開催されることが決まりました!
今回はあじさい!
正絹の丹後ちりめんで『玉紫陽花』をつくるお稽古になります。
クリップ&ブローチか帯留に金具が選べますし、お色もブルー系かピンク系で選べるようになっています!
出来上がりが楽しみですね☆
玉あじさい
*画像は完成イメージです

7月15日 火曜日 13:30~15:30
受講料 3500円
材料費 4000円
(税抜価格となっております)

注意事項
*ご予約制で定員になり次第締め切らせていただきます。
*変更・キャンセルは前日15時まで。

お申し込みはお電話で
☎03-5623-9032
(受付時間11:00~19:00/平日・土日可)

Share Button
6月 252014
 

DSCF3696

現在発売中の「週間朝日」7/4増大号にて、
らくやオリジナルブランド「富岡シルク物語」の
「富岡紋織」が紹介されました。

富岡製糸場と絹産業遺産群が世界遺産登録された特集ページでは遺産だけでなく、今現在国産の絹を守り育てる方達の紹介も有り、
その内の一人として石田のコメントも掲載されております。

世界遺産登録のニュースで注目を集めていますが、
これが一過性のものでなく本当に国産の繭、絹文化を残し、
ひろがって行くために私たちに出来る事を考え、
活動していきたいと思っています。

今回紹介された「富岡紋織」も店頭に置いておりますので
純国産の反物を是非、手に取って実際にご覧くださいませ。

Share Button

6月25日(水) 本日の営業時間について

 未分類  コメントは受け付けていません。
6月 252014
 

いつも衣裳らくやをご利用いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら本日、6月25日(水)の営業時間を
11:00~18:00とさせていただきます。

どうぞご了承くださいませ。

Share Button

闇夜のカラス

 未分類  コメントは受け付けていません。
6月 242014
 

春繭がようやく新たな倉渕紬に織り上がってきました。

Back Camera

深みのある黒はログウッドや矢車、ザクロ、鉄媒染の複雑な色。

反巾の3分の1ほどに入る細い縞は、思川桜と鉄媒染で、陰影を。

名付けて「闇夜のカラス」。

倉渕紬は1反1反、思いを込めて織り上げた1点ものです。

カラスは何を思うのか・・・。

 

倉渕紬 「闇夜のカラス」   反物価格 550,000円(税抜き)

 

Share Button
6月 242014
 

初夏の香りをひしひしと感じている今日この頃

浜町界隈では明治座での「細雪」公演期間中もあってか

甘酒横丁にも着物の方が多くいらっしゃりとっても華やか!!

 

本日はらくやレンタルからお得なお知らせです!

本日(6月24日)のお電話受付分から6月30日(月)までの

ご試着+ご試着日当日ご成約いただいただお客さま限定で

20%OFFキャンペーンを開催いたします☆

婚礼衣裳、七五三、結婚式のご参列、成人式、卒業式、お茶会、パーティー、観劇 etc…

ご着用の目的、着物の種類は問いません!!

すべての着物がキャンペーンの対象となります。

※他のプランとの併用はできません。ご了承ください。

 

ブログ・facebookの読者の方限定のキャンペーンのため

お電話でのご試着予約時に

必ず「ブログを見て」とお伝えください!

ご予約はこちら(レンタル直通) ☎ 03-5623-9033

 

らくやレンタルの着物はすべて1点物のため、お申し込みの早い方順となってしまいます。

10月にむけてのの結婚式シーズンや七五三、成人式など

人気の着物から続々とご予約いただきつつある状況です。

直前に焦ってしまわないためにも、このお得な機会にぜひお越し下さい。

上記合い言葉をお忘れのないよう皆様のおこしをお待ちしております

 

yoshi ume2
ume
753blog1七五三広告

Share Button

【掲載誌情報】JUNON 8月号

 CM、TV、雑誌のお仕事  コメントは受け付けていません。
6月 232014
 

ももいろクローバーZの遺伝子を継承した男性グループとして
注目されている7人組「超特急」さん。
本日発売の「JUNON」8月号の特別付録にてご着用いただいた浴衣は
スタイリング斎藤房江、着付けでらくやが担当させていただきました!
ももクロさん同様、彼らにもそれぞれテーマカラーがあるので
浴衣もそれぞれのお色味で。
とってもカラフルな誌面になっています。
どうぞご覧下さい〜〜

 

JUNON 8月号JUNON 8月号JUNON 8月号

↑ 石田節子流着付け教室の着付師育成コース卒業後は
このような現場のお仕事も!ご興味ある方はこちらをご覧下さい!

Share Button
6月 222014
 

らくやは閉店が19時なのですが、その時間に

なんだか明るいな〜と思っていた今日この頃…

昨日から夏至に入りましたね!

ショップには色とりどりの浴衣も並び、気分はすでに夏です。

 

さて、らくやレンタルでヘアメイク、着付けとご利用いただいた

お客さまをご紹介いたします。

みなさまステキに着こなしていただきました☆

4_20140614

こちらのアンティーク振袖は、吉祥四季花、几帳、貝桶など、
雅な平安王朝モチーフがパステルカラー調で描かれたやさしい雰囲気の振袖
とても上品に着こなしていただきました。
帯締めと袖口から時折のぞいて見える赤でより一層華やかに

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在では、ほとんどお目にかかれない「絽」の夏振袖が着たくて…
と舟につづみ柄の振袖をお選びいただきお姉様の結婚式へ。
軽やかにご出発されました^ ^
薄くて軽く、涼しげに装っていただけるのでこれからの時期には
かなりオススメです。

 

A62a_2014062

昭和のはじめに創業された料亭、つきじ治作さんにて
ご友人の結婚式にご参列ということで、迷わず着物でご参列されることに。
松葉尽くしの振袖に、ひそかに梅と竹があしらわれた半襟を合わせ
祝福の思いを込めた「松竹梅」コーディネートに。

 

そして、先日婚礼のフォトプランでらくやのお支度を
ご利用いただいたお二人
お支度の時からとても楽しそうなご夫婦で
スタジオでのお写真の仕上がりが今から楽しみです☆

Q13_3

 

Share Button

祝 世界遺産登録!

 未分類  コメントは受け付けていません。
6月 212014
 

富岡市民ならずとも、待ちに待った「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録のニュースが届きました。

Back Camera

らくやでは、日本の養蚕技術をまもるべく、純国産の繭から糸を採り、染め、織りまでを石田がプロデュースした

「倉渕紬」に続き、富岡産の繭から採った糸を織った「富岡紋織」も手掛けております。

煉瓦造りの製糸場のレトロな佇まいは確かに象徴的で、印象的です。

でも、絹産業自体を「遺産」として終わらせてはならない、今も高い技術で養蚕を続けている農家さんもいらっしゃいます!

「富岡紋織」は、機械でひいた生糸を経糸に、座繰りの糸を緯糸に、動きのある唐草地紋に織り上げた独特の風合いの白生地です。

まだご覧になっていない方も、ぜひ純国産の絹の感触を確かめにいらして下さい。

日本の絹の歴史が、これからも続いていきますように。

祝福と、祈りを込めて。

 

 

Share Button