3月 262017
 

_0137

野々花染工房さんの半幅帯をご購入いただいたお客様の

「染めのお話を詳しく聞かせてください」とのリクエストにお答えして

諏訪豪一さんが特別講習をしてくださいました。

_0130

切り嵌め柄の一つ一つ、染料や染め方、柄の解説などなど盛りだくさん。

_0129

とても熱心にお話を聞いていらしたお客様。

しっかりメモをとってくださっていて、

「忘れてしまったらもったいないと思いませんか?」と。

本当に気に入ってくださって、私たちも嬉しい限りです。

 

「野々花染工房の米沢織」は明日の16:00までです。

豪一さんのお話をじっくり聞きたい方はお早めにご来店ください^ ^

Share Button
3月 252017
 

らくや前の緑道の桜がちらほら咲き始めました。

_0097

14時からのトークショーでは、桜染めや藍染めのお話をしていただきました。

桜が咲く直前の枝と、咲いた後の枝では違う色に染まる事や

緑色だけ一種類の植物では染められない事などなど。

_0113

_0116

玉ねぎと藍で染めた糸を使った紬は優しい色合いです。

_0121

 

明日はお天気が崩れるような予報ですが

甘酒横丁では毎年恒例桜まつりが開催されます。

お出かけの際はらくやにも遊びに来てくださいませ。

_0095

Share Button

茜染めの絞りです

 イベント情報、ショップ、ギャラリー  コメントは受け付けていません。
3月 242017
 

本日石田は、野々花染工房さんの茜染めの絞りを着て

お客様をお迎えしております。

_0040

石田の着用している物とは少し違いますが、お店にも素敵な茜染めの絞りを飾っています。

お店の前には、時折立ち止まって見つめている方も。

_0071

「赤は着られないわ〜」とおっしゃる方もいらっしゃいますが

草木染めの赤なので、派手すぎず、以外と幅広い年代の方にお召しいただけますよ。

_0073

 

連日、野々花染工房・諏訪豪一さんが草木染めや米沢の織物について

熱心に説明してくださっています。

_0076

そんな豪一さんのアンコールトークショーが明日開催されます!

明日はお天気も良いようですから、ぜひお着物を着て聞きにきてくださいませ。

<トークショー日程>

3/25(土)14:00〜(参加費無料)

春をはこぶ〜米沢の草木染め〜

野々花染工房 六代目 染織家の諏訪豪一

お問い合わせ:03-5623-9031(ショップ直通)

Share Button
3月 202017
 

お天気の良い三連休の最終日。

たくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございました。

 

米沢から来ていただいている横山さんに

これから着物を始めようとしているお若い方にオススメの一着を選んでいただきました!

_0001

春色の優しい紬に、黒地の可愛らしい八寸名古屋帯です。

細かい格子に優しい色味で、合わせる帯によってイメージが変えやすい紬と

初心者さんでも締めやすく、盛夏以外に使える八寸名古屋帯の組み合わせ。

 

アップで見ると綺麗な色がふんだんに使われているのが分かりますね。

IMG_0003

 

 

先週土用に開催しました野々花染工房・諏訪豪一さんのトークショーですが

大変ご好評につき、今週末3/25(土)14:00から

アンコール開催いたします!

_9986

日程が合わず前回参加できなかった方は是非いらしてください。

参加ご希望の方は下記お問い合わせ先へお電話くださいませ。

<トークショー日程>

3/25(土)14:00〜(参加費無料)

春をはこぶ〜米沢の草木染め〜

野々花染工房 六代目 染織家の諏訪豪一

お問い合わせ:03-5623-9031(ショップ直通) 

 

 

横山さんと豪一さんは明日もいらっしゃいますので

お時間のある方は、草木染めや米沢紬のお話を聞きにいらしてくださいませ。

 

Share Button
3月 182017
 

本日は、野々花染工房 六代目 染織家の諏訪豪一さんのトークショーがありました。

野々花染工房さんの紬を着てきてくださったお客様もいらっしゃいました!!

草木染めのお話を中心に

_9984

ぜんまい糸や、シナ糸を織り込んだ織りのお話など盛りだくさん。

_9963

_9993

藍は生きているから、人間と同じ様に、疲れてきたら藍瓶にお酒を入れてあげたり

水飴をあげたりするんだそうです。

お客様からの質問にも答えていただき、楽しい会となりました♪

_9997

トークショーの後は、皆さん楽しく商品をご覧いただきました。

今は山形でしか織られていない「こぎん織り」の帯や、草木染めの着尺を囲んで

コーディネート大会が始まり、石田も飛び入り参加し盛り上がりました。

 

「野々花染工房さんの米沢紬」展は3月27日(月)まで開催しております。

諏訪さんのお話を聞きたい方は是非遊びにいらしてくださいませ。

 

 

 

 

 

Share Button
3月 162017
 

明日から「野々花染工房さんの米沢紬」展始まります!

今日は準備の日♪

_9921

_9915

_9924

_9914

 

 

明日からはこちらのお二人がいらっしゃいます^ ^

_MG_5117

米沢織りといえば、らくやで同じみの横山さんと、

野々花

「野々花染工房」6代目、諏訪豪一さん。

豪一さんは、米沢織の品評会で経済産業大臣賞を受賞するなど

今とても注目されている着物作家さんです。

 

今回は、そんな諏訪豪一さんによる米沢織りのトークショーも開催!

参加無料ですので、ぜひお時間あり方はご予約の上ご参加ください。

お待ちしております^ ^

 

<トークショー日程>

3/18(土)14:00〜

春をはこぶ〜米沢の草木染め〜

野々花染工房 六代目 染織家の諏訪豪一

お問い合わせ:03-5623-9031(ショップ直通) 

 

Share Button
3月 072017
 

主の居ない機はちょっぴり寂しそう・・・

DSCF7882

好評いただいております「永井さんの本つづれ帯」

技術の事は永井さんの様に語れませんが・・・

素敵な帯の数々を写真にてご紹介

DSCF7881

影絵の様な雰囲気で、花、葉、蝶にも見える有機的な柄が織り出されたこちらの帯。

富岡紋織りの色無地に合わせてみました。モダンにもノスタルジックにも表情が変わります。

奥はボーダー鱗とでも呼びたいような楽しい柄の帯。

グレイッシュなトーンで織り出されていますので、様々な着物に似合います。

 

DSCF7883

こちらは組織のアップ。綴織の証、把釣孔(はつりめ)が良く判ります。

DSCF7884

写真では黒っぽく見えますが、深〜い紫色の地に古銭が織り出された洒落た帯。

実は文字遊びが施されています。答えは是非、お店で!

DSCF7885

墨藤色にスモーキートーンで正倉院柄が織り出された帯。

やわらかものはもちろん、綾織りのお召し等に合わせても素敵ですね。

DSCF7886

すっきり洒落た色合わせの露芝。

江戸小紋などにキリリと合わせたいですね。

 

機のまわりには綴帯に似合う反物を取り揃えています。

色々コーディネートを考えるとワクワクします。

DSCF7889 DSCF7890

そして、大胆で楽しい長襦袢もたくさん入荷いたしました!

DSCF7891

DSCF7887

実演の機では、どんな柄が織り上がるのか・・・色合いを見るだけでも楽しみな帯がかかっています。

永井進さんの実演は3月10日(金)から最終日の12日(日)まで。

どうぞお楽しみに。

永井さんがいらっしゃらない時でも、たのもしい?らくやスタッフが

すてきなコーディネートをご提案いたしますよ〜

 

「本当にきもの好きの方なら必ず満足していただけます!」と、

自信を持って笑顔で創作のお話をされる永井さんの本爪掻綴れ帯。

是非とも手に取ってご覧下さいませ!

Share Button
3月 042017
 

みなさまのお手元にも届いている事と思います。

DSCF7864

今回、大幅な店舗リニューアルに伴い、

結城、大島、久米島、置賜、有松絞り等々、

アンティークから現代の銘品のきものや帯を

良い物を、気張らずさらりと素敵に着こなして欲しい_

大切で愛着が有るものゆえにらくやのお客様の手に渡れば嬉しい

という思いで石田のコレクションの一部を販売しております。

 

きもの、帯、共に仕立て上がりのものになります。

きものに関しましては石田の身長が150cmですので、

そのままだとお召しになるのは厳しい・・・という方も多いかと思いますが、

今の反物で仕立てたものですと、身丈、裄、どちらも出して仕立て替える事も

出来ますので、気に入ったきものがあればスタッフにお尋ねください!

 

袷、単衣、薄物と紬好きにはたまらないラインナップとなっています。

ス、スタッフも手を出したくなる・・・グッと我慢・・・な、この十日余・・・

DSCF7863

DSCF7862

帯もたくさんございます!

こちらも貴重なアンティークが盛りだくさん。

DSCF7867

DSCF7865

長襦袢や浴衣、半幅帯も。

 

3月14日(火)までの開催。

気になる方は、早い者勝ちです!

どうぞ、足をお運びくださいませ。

Share Button
2月 272017
 

3月3日(金)からはじまる「永井さんの綴れ帯」。

本日の夕方先行でいくつか帯がらくやに届きました!

早速閉店後に「牛首紬×綴れ帯」のコーディネート撮影。

しっくりきますね。グッときます。

DSCF7848

DSCF7849

まずは、こちら。

優しく爽やかなグリーンに筆書きの輪が染められた反物に、

変わり七宝?亀甲?が菱に納められた芥子色の帯を合わせて。
近づく春のお出かけにおススメなコーディネートです。

 

DSCF7850

DSCF7853

こちらは、爽やかな色合いの竹を染めた反物。単衣に仕立てても素敵ですね・・・

合わせた帯は淡い青竹色に藤鼠色で笹蔓を織り出したもの。

写真の様に濃い目の帯揚げでアクセントを付ければお洒落着に。

もっと優しい色の帯揚げにすれば、お茶会にもぴったりです。

 

DSCF7856

DSCF7855

最後はこちら。

手綱柄が藤色から銀鼠に暈されたモダンな反物。臈纈染めの様なニュアンスです。

明るい小豆色地に源氏香が織り出された帯を合わせて、すっきりシャープな印象です。

 

明日2/28(火)で牛首紬展は最終日となります。

ちょっとフライングですが、牛首紬にぴったりの綴れ帯もコーディネートして

紹介しますので、どうぞ遊びにいらしてください。

 

※最終に間に合わない!という方も、お写真で気になるものがありましたら

お気軽にお問い合わせください。

03-5623-9031(ショップ直通)

 

Share Button
2月 262017
 

キレイ色の牛首紬をコーディネート。

ふわりと優しいクリーム色×藤色が淡く市松に暈された、

無地感ながらも表情の有る反物です。

帯を変えるだけで、また違った装いを楽しめますね。

DSCF7812

DSCF7814

こちらは紫根染絞りの九寸名古屋帯。

ラピスラズリの組み出し帯締めと合わせて

こなれた印象に。

下駄に籠バッグなどで気軽なお出かけにもぴったりです。

 

DSCF7815

DSCF7816

こちらは、牛首紬の袋帯。ニュアンスの有る墨色の型染め帯に

帯締めと帯あげでさし色をプラス。

落ち着いた印象ながら、色使いで洒落感を出しています。

 

牛首紬展は2月28日(火)まで。

今日は男性のお客様で牛首紬で着物と羽織を一式コーディネートされた方も・・・

光沢が有りながらも節感の有る牛首紬は、真綿の結城、生糸の大島とはまた違った魅力。

華やかな染めが施された反物から、紬らしい先染めの縞、渋めの色無地染め等もございますので、

男性の方もぜひお気軽にお越しください^ ^

 

Share Button