着物で初舞台

 プチまめ知識, 婚礼衣裳きものレンタル  コメントは受け付けていません。
9月 072015
 

先日らくやレンタルをご利用いただいたのは

かわいらしいお二人。 :oops:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小唄のお家元のお孫さんです。

らくやのほど近く、料亭の濱田家さんでの初舞台。

お姉さんは大人用のアンティーク夏振袖を肩あげ、腰あげ

さらに袖丈も調整してお着付けしました。 :-D

弟さんはおじいさま(お家元)の絽の着物をお仕立て直し

らくやの袴を合わせて。 ;-)

いざ出陣!の時の一コマ。

初舞台前の緊張をみじんも感じない笑顔は大人顔負けです。

 

慣れないお着物に初舞台、と

出番を終えたらすぐに脱ぎにお戻りになるかしらと思っていたら

会が終了するまで着崩れる事もなく最後まで参加されたそうです。

たくさんの方に着物を褒めていただいたそう。

きっと初舞台も無事に踏む事ができたのでしょう。

 

そんなお二人の様子をみて

うちのスタッフYも次の舞台に向けて

小唄の稽古に励むのでした。

 

〜 本日のプチまめ知識 Vol.40

IMG_20150907_182853

明日から24節気(1年を24の季節に分けたもの)は
15番目の「白露」

夜の寒さで降りた朝露がきらきらと白く光る頃
日、一日と秋の気配が深まっていきます。
白露の次は秋分です。

昨夜は「目黒のさんま祭」にちなんで(?)秋刀魚を食べました。
栗やかぼちゃ、芋、きのこ、梨、ぶどう…おいしい物が盛りだくさんな季節
今からわくわくしちゃいますね。

Share Button
8月 242015
 

じゃ〜ん!夏の福袋!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15万円〜100万円まで

それぞれ、着物・帯・襦袢・帯あげ・帯締めと

コーディネート一式入っています

しかも、お仕立て代も込み!消費税も込み! :-D 

 

こっそり15万円の袋を覗き込んでみたところ……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

約10万円の札がついた帯がちらりと見えました。 8-O

なんだかすごくお得な気がします!!

そして、すべて中身が見られるようになっていますので

いわゆる「福袋」のように

何が入っているかわからない!ということもありません。

数に限りもあるので早い者勝ちです!!

夏のバーゲンセール、お宝掘り出し市と合わせて

お楽しみください。

 

 

〜 本日のプチまめ知識 Vol.39

昨日から24節気(1年を24の季節に分けたもの)で
14番目の「処暑」に入りました。

夏の暑さが峠を越えて、和らぐ頃だそうです。
確かに… 今朝も寒いくらいでしたし…
そして、処暑は台風のシーズンだそうで
今、まさに台風来てるし!! 8-O 日本の暦ってすごいな〜
と思ったのでした。

そろそろ萩の花が咲き始め
田んぼもそろそろ黄金色に輝く頃でしょうか
スーパーにもおいしそうなぶどうがいっぱい並び
ちょっと秋を感じています。
食いしん坊には嬉しいような、いやいや我慢しなくっちゃ!
というようななんともいえないシーズンがやってきます。 :roll:

Share Button
8月 132015
 

さっきまで青空がのぞいていたから

今日こそ昨夜見られなかったペルセウス座流星群を見るぞ!

とわくわくしていたのですが… あれ?また曇り空

そんなしょんぼり :cry: 気味な私を元気づけてくれるのは…

 

明日からはじまる

「夏の大バーゲンセール」

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たとえばこちら、「琉球壁上布」

壁糸の繊細な凹凸が、肌にくっつきにくくしゃりっとした風合

薄く張りがあり、着心地も良さそうです。

通常価格90,000円のところ… 明日から30%OFF63,000円に!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、合わせて襦袢も!と反物を2点お買い上げの方は…

さらに割引率が上がりそれぞれ40%OFFに!

琉球壁上布 通常価格90,000円 → 40%OFF 54,000円

紋紗 麻100%の長襦袢地 通常価格22,000円 → 40%OFF 13,200円

 

麻の長襦袢は放熱効果と吸水性に優れ、夏にピッタリ。

さらっと涼しく着ていただけるだけでなく自宅の洗濯機で洗える便利アイテム。

干す時にかたちを整えて干してあげればアイロンいらずなのがうれしいですね!

汗ばむ夏の季節は襦袢がいくつあっても助かりますよね。

せっかくなのでセール期間中にGETしてください ;-)

 

さらにさらに!!!! 帯もセットでコーディネートしちゃおうかな…

なんていう方はもっとお得!

反物3点お買い上げの方は…  さらに割引率がUP!

それぞれ50%OFFになります!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

琉球壁上布 通常価格90,000円 → 50%OFF 45,000円

紋紗 麻の長襦袢 通常価格22,000円 → 50%OFF 11,000円

ラオスのシナ布 手織りの八寸名古屋帯 通常価格150,000円 → 50%OFF 75,000円

と合計 約13万円ほどのお値引きとなります!!!

 

 

この夏はもう間に合わないけれど

来年の夏に向けて、自分サイズの浴衣を…というかた

浴衣もセール対象となっていますよ :-D

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帯との2点セットだと40%OFFなので

有松絞りの浴衣 通常価格63,000円  → 40%OFF 37,800円

シナ布の手織り半幅帯 通常価格80,000円 →40%OFF 48,000円

この2点セットにさらに名古屋帯をプラスしてみたり、着物をプラスしてみたり

組み合わせは自由なのですがもう一点反物をプラスすると

さらにお安く50%OFFになっちゃうんだそうです。

 

〜〜まとめ〜〜

反物1点 30%OFF

反物2点 それぞれ40%OFF

反物3点以上 それぞれ50%OFF

 

小物類は安くならないの?

なります!

小物類はそれぞれ20%OFF

さらに、50%OFFコーナーもあるという噂

 

さらにさらに

当日現金で、お支払いの方はさらに5%OFFさせていただきます!

 

ということで

明日14日(金)から8月31日(月)まで開催しています

早い者勝ちですので、

みなさんお早めにどうぞ〜〜〜!

 

期間中 21日(金)〜23日(日)の3日間限定企画

「お!宝掘り出し市」も開催予定です。

こちら、詳細を入手しましたらば、お伝えいたしますね!!

 

 

〜 本日のプチまめ知識 Vol.38

今日から季節がかわりまして72候の38番目「寒蝉鳴」(ひぐらしなく)
「寒蝉」とは秋を告げる蝉のことで
カナカナと鳴くヒグラシの声が耳に届き、夏の終わりを感じるころです。
ヒグラシは夏いっぱいは鳴いているけれど
時間帯は朝と夕のみに限られるんだそうですよ。

さて、今日から世間ではお盆休みの会社やお店が多いのですが
一般的にお盆は8月13日から16日まで。
この4日間、全国でいちばんアツいのは
きっと岐阜の郡上八幡でしょうね。(今朝のめざましテレビで中継してましたね!)
日本三大盆踊りのひとつでもある「郡上おどり」がいちばんのピークを迎えます。
7月中旬〜9月初旬まで1ヶ月以上毎日「郡上おどり」は続く
日本一ロングランな盆おどりなのですが
お盆の4日間は「徹夜踊り」といって
その名の通り徹夜で踊り続けるんだとか!
江戸時代に士農工商人々の心の安定と融和を図るために
藩内の村々で踊られていた盆踊りを城下に集め、
「盆の4日間は身分の隔てなく無礼講で踊るがよい。」
奨励され年々盛んになったと言われています。
さらに10種類のおどりすべてが国の重要無形民俗文化財なんだとか。
おどる時は下駄が必須で、
下駄を鳴らして踊るらしく、すぐにすり減っちゃうため
会場には下駄屋さんがいるみたいですね

Share Button
6月 282015
 

今日ご紹介するのは…

 

成人式当日に振袖を着れなかったお嬢様へ

ご両親からお写真撮りのプレゼント ;-) 

 

撮影は、新宿御苑

梅雨時期なので天気が気がかりだったけれど、

とても素晴らしい天候に恵まれて、

たくさんの写真を撮ることができました。

 

プロのカメラマンに同行した、らくやスタッフが

しっかり写真を納めてきましたのでご紹介しますね。 :-D

image1

紫のアンティークの振袖はお母様、

御所車の丸帯はお父様のお見立てです。

ステキな笑顔をたくさん見せていただいて、

見ている私たちもたくさん楽しい気持ちにさせてもらいました :oops:

 

 

 

image3

 

image2

髪飾りはお母様の物を使用。

藤の飾りも、赤い簪もとてもお似合いです!

 

image4

 

偶然らくやの前を通りかかって、お着物を気にいっていただいて、

お支度も全て入らせてもらって。。

どこにどんな出会いがあるか、本当にわからないものですね!

大切な思い出のお手伝いできたことを嬉しく思っています。

ありがとうございました :-D

 

 

 

〜 本日のプチまめ知識 Vol.36

たまたま調べてみたところ明日6月29日は「佃煮の日」
月島のあたりに「佃」という町名があり
見るたびに佃煮を思い出すのですが、
それは間違いではなかったようです。

信長が本能寺で倒れた時、家康の一行はわずかな手勢とともに堺にいました。
見つかれば、信長の盟友である家康も当然標的。。。 :-(
なんとしても岡崎城へもどらねば……と脱出奇策をとりましたが
神崎川(現在の大阪市住吉区)で足留めを食らいます。
そんな時に救世主のごとく現われたのが、近くの佃村の漁民たち。

手持ちの漁船と、不漁の時にとかねてより備蓄していた
大事な小魚煮を道中食として用意してくれたんだとか。
小魚煮は、日持ちも良く、体力維持にも効果を発揮し
やっとのことで岡崎城ヘたどりついたんだそうですよ。
以来、家康と佃村の漁民とのつながりが深くなり
慶長8年(1603年)家康が江戸幕府を開いた時、
佃村の漁民33人を江戸に呼び、特別の漁業権と
石川島に近い島を居住地として与え、故郷の佃村に因み「佃島」と名付けたそう。
佃島漁民が、売り物にならない小魚等を保存もできる形で
甘辛く煮て食べていたものが「佃煮」と言われ、不漁の際の備蓄食品でもあったそう。
これが安価で日持ちもすると江戸中で評判を呼び、やがて全国に広まったんだとか

ごはんの友「佃煮」は本能寺の変がなければ
なかったのかもしれない、と思うとなんだかおもしろいですね。 :roll:
ちなみに岡崎までの道中に伊賀越えを助けてくれたのが
服部半蔵らで「半蔵門」の由来ですね!

Share Button