【まとふ。かぶく。】とうとう明日が最終日

すっかり晴れ模様の銀座かねまつホールでは

14:00〜のトークショーに向けて

70人近くのお客さまにご来場いただきました。

 

本日のトークイベントは

店主・石田節子 × ぽち袋コレクター 豊田満夫さん(+ちょっぴり伊賀くみひもの藤岡潤全さん)

IMG_9567

予想より遥かにたくさんの方がいらっしゃたので

石田も豊田さんも、スタッフもみんなとても嬉しかったのですが…

 

椅子が足りずにみなさまにはご迷惑をおかけしてしまいました。。。スミマセン

 

IMG_9558

イベント中もほとんど写真を撮れずでした(汗)

豊田さんも講演をされる事も多いようなので

2人のトーク、かなり楽しんでいただけたのではないでしょうか?

IMG_9593

今回は貴重な、明治〜昭和初期くらいまでのぽち袋コレクション(実物)を

見せていただきました。

始まる前に撮った物をせっかくなので載せてみました。

IMG_9498

 

豊田さんのコレクションは葛飾区の立石にある

東京和晒創造館(てぬクリ工房)にて

企画展がある時にご覧いただけるようです。

そして、手拭の染め(注染)体験なんかもできたり

さらには自分でデザインして型紙を彫ってオリジナル手拭を作る、など

手拭クリエイターになることもできるようです。

近隣には戦後の風情が少し残る下町、立石の商店街や

少し足をのばせば、柴又も近いので

ぜひ、みんなで行きましょうね!!

今すぐ行きたい!と言う方はぜひHPをご覧下さい!

(おまけ:上記工房へ行ってすぐに立石が気に入り引っ越したのがわたしです)

 

 

同時開催「日本の染め織り」コーナーも

大にぎわい

 

本爪掻綴織り実演の方も織り進んでいます。

色数も増えてさらに見応えがあります。

IMG_9624

そんな永井進さんの織る本爪掻綴れ織りの帯は

他では見かけないようならくや好み。

通常は、デザイン〜織りまで分業制が普通のようですが

すべてを一人でこなしている永井さんだからこそできる帯ばかり。

高度な技が必要な本爪掻綴織り

職人の数もきわめて少ないんだそうです。

全部ご自身でこなすというこれらの帯は月に2本ずつくらいしか織れないという希少な逸品揃い。

会期終了後は数年制作活動に専念されるため

間近でその技をご覧いただき、直接お話を聞けるのは明日まで。

IMG_9651

IMG_9635

毎日スタッフが癒されれているという

優しい笑顔と職人の技をぜひ、ご覧いただければと思います!

 

 

こちらは伊賀くみひもの藤岡組紐店 四代目 藤岡潤全さんと

江戸小紋の江紋屋 ピンチヒッター 三田村さん父

息子・三田村浩幸さん曰く「生き字引」のお父様も興味津々の様子。

IMG_9671

IMG_9657

きれいなブルー〜乳白色のグラデーションの美しい帯締めが

今夜には組み上がるのではないかと!

今回のテーマ「歌舞伎」に合わせて店主・石田とコラボレーションし

制作した帯締めもありますのでぜひご覧下さい!

 

 

産地のスペシャリストが勢揃いした

「日本の染め織り」も明日まで。

普段らくやにない商品も多いのでお気に入りを見つけたら

二度と出会えなくなる前にお嫁に迎えてくださいね!

IMG_9663 IMG_9664

産地の方から直接品物の話を聞けるのは

とっても勉強になります。

ぜひ、この機会にどうぞ〜〜!

 

※明日の営業時間は17:00までですので

お間違えのないようにお越し下さいませ!

Share Button
カテゴリー: イベント情報, ショップ パーマリンク